2013年06月03日

将来を見つめる人と、その足を引っ張る連中>反原発厨は消えてくださいお願いしますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000035-asahi-soci

Yahoo:「脱原発、叫び続ける 参院選控え東京で大規模行動

>なし崩し的に再稼働を進めていいのか――。東日本大震災後から脱原発を訴えてきた団体などが2日、7月の参院選を前に、東京都内で大規模な抗議行動をした。一時ほどの盛り上がりはない。それでも、「自分の思いを誰かに伝えたい」と、多くの人が集まった。

 デモや集会を呼びかけたのは、毎週金曜夜に首相官邸や国会前でデモを続ける「首都圏反原発連合」や「原発をなくす全国連絡会」など三つの市民団体。昼過ぎから都内2カ所で集会があった。

 港区の芝公園であった集会では、作家の大江健三郎さんや落合恵子さんらが演説。落合さんは「昨年の総選挙で棄権した人を参院選に呼び戻すことが大事」と語り、「それができれば流れは変わる。できることすべてをやろう」と訴えた。

 その後、それぞれの参加者がデモ行進。夕方には、約1・2キロにわたって国会議事堂を取り囲んだ。国会正門前では民主、生活、共産、みどりの風、社民の国会議員らがマイクを握り、再稼働の動きを批判した。

 主催側によると、参加した延べ人数は計約8万5千人。警視庁は参加者数を発表していないが、警察関係者によると、延べ2万数千人という。


参加人数については何も言いますまい
多かろうと少なかろうとこういう活動は間違っていると自分は考えています
休日の国会を囲んで威嚇行動とか気が触れているとしか思えませんから

日本社会がすでに脱原発の準備が出来ているのに、脱原発をしないのであればそれは非難に当たると考えます。しかし、未だ原発に変わるエネルギー源を日本社会は見つけていません

はっきりいって自然エネルギーはいざというときに使えるかどうかといったレベルであって恒常的に使えるエネルギーにはなっていません。それをもって脱原発が出来ると言ってしまうのは暴言であり、無茶でしかない

社会を維持することが前提である限り、現段階で脱原発は無謀
そういうことを進めようとする、記事中の連中は、その先どうやって生きていくつもりなのか、まずそのビジョンを示すべきでしょう。まず止めるべき、その先はそれから考えるでは誰もついて行けません。誰だって今の生活レベルを落としたくはないでしょうからね

医療福祉共々、確実に電力が供給されることが前提で動いてますよ。停電したら手術も、普段の治療も出来なくなって危ういことになります
そうやって失われる命の可能性についてはどのように考えるのでしょうか?

とにかくやってみようというのは政治ではなく無謀な意味のないチャレンジでしかないですね
民主党が政権を誤って盗ってしまった時の選挙の時と同じです
そのため失われた時間を取り戻すために、日本社会はこれからどのくらい時間をかければいいのでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000035-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック