2013年06月01日

国連が正しいことを言っているとは思わない>慰安婦問題で勧告http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000050-asahi-int

Yahoo:「慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定

>国連の拷問禁止委員会は31日、旧日本軍の慰安婦問題で「日本の政治家や地方の高官が事実を否定し、被害者を傷つけている」とする勧告をまとめた。橋下徹大阪市長らの最近の発言を念頭に置いたものとみられる。日本政府に対し、こうした発言に明確に反論するよう求めている。

 拷問禁止委員会は、人間の非人道的な取り扱いを禁止する条約を守っているかどうかを調べる国際人権機関。慰安婦を条約上の被害者だとしている。10人の委員が数年に1回のペースで各国を審査する仕組みで、1999年に条約を締結した日本は、5月21、22の両日、6年ぶり2回目の審査を受けた。

 勧告は、慰安婦問題について「国会議員を含む政治家や地方政府高官によって、事実を否定する発言が続いている」と批判。日本政府がただちにとるべき対応として「当局者や公的人物による事実の否定や、それによって被害者を再び傷つける行為に反論すること」をあげた。

 名指しはしていないが、審査では、慰安婦問題を取り上げた委員4人のうち3人が「慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」「強制連行を示す証拠はない」などとした橋下氏の発言に触れ、日本政府の見解をただしていた。

 勧告対象は、代用監獄問題など多項目にわたった。慰安婦問題では、元慰安婦に対する公的な補償や救済措置がなく、関係者の訴追が行われていないことに懸念も表明。さらに、日本政府に対し、全ての歴史の教科書に慰安婦問題を含めるよう求めた。

 審査で日本政府代表は、93年の河野談話や償い金を支給したアジア女性基金の取り組みを説明したが、橋下氏の発言には一切触れなかった。


慰安婦の一件、今まで日本がなぁなぁにしてきたツケが回ってきたというのは正しい認識だとは思いますけど、それを取り返すのに性急な事をやるとこういうことになるわけですよね

ただ、国連が正しいことを言っているかと言えば、そんなことはないわけで
南鮮のロビー活動が功を奏していると言わざるを得ないでしょう
正直、日本も南鮮くらいに自分の国を大事にすべきだったのに、それをしてこなかった、出来なかったことが大問題
また、事務総長が南鮮人。これも一因でしょうね。こいつは事務総長になって南鮮への利益誘導をやってきたとんでもないクズ

そして結局は国連は第二次世界大戦での勝ち組クラブという事。いつまでたっても日本ドイツイタリアは敗戦国としてなじられ続ける場だという事で、たしかに国際社会で本来の意味での正義がないことはしょうがないとはいえ、酷いものだなと思わざるを得ません


で、
どうやって朝鮮を甘やかしてきたツケを支払っていくかなんですが、橋下みたいに言葉を荒げてやったところで意味がないとは思いません。在特会のような存在は一種の啓発活動として良いかもしれませんが、ただ言い方表現は気をつけた方が良いですよね。相手に足をすくわれるような真似をしたら、かえって日本の足を引っ張る行為ですから。橋下みたいに程度が低い奴には任せてはいけませんです

そして地道に日本に、国際社会に慰安婦問題について丁寧に説明していくしかないでしょう
ただ女性への暴力となると、どうしても感情的になりやすいのは誰でも変わりないと思いますのでとっても難しいでしょうねぇ

いずれにしろ日本に非は無い、非があるとするなら朝鮮をつけあがらせるような甘い態度をとってきたことだと考えます

戦後レジュームからの脱却を目指して、いつまでも日本が悪いなんて愚かなことを言わないように皆が徹底すべきです。そのための教育は重要ですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00000050-asahi-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:国連 慰安婦問題
posted by ! at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック