2013年05月30日

支那に占領されたらこうなりますけど、それでも日本が国防に力を入れることは許されないことなんでしょうか?http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1762959.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「中国のチベット族やウイグル族 3人集まると即懲罰の対象に…中国共産党の少数民族弾圧

1 名前:わいせつ部隊所属φ ★:2013/05/28(火) 20:16:22.31 ID:???0
1中国のチベット族やウイグル族 3人集まると即懲罰の対象に
中国には50を超える少数民族が居住する。中国共産党政府の凄まじい民族弾圧に屈することなく、抗議行動はますます激しくなっている。ジャーナリストの櫻井よしこ氏が、中国共産党の少数民族弾圧を受けるウイグルなどの状況についてリポートする。
 * * *
ウイグルでは毎年、14歳から25歳前後のウイグル人女性数万人が、故郷から遠く離れた大都市に連れて行かれます。彼女たちは寮生活をしながら不当に安い賃金で働かされます。その上、ウイグル語を禁じられ、生活習慣も変えられて、
挙げ句の果てに漢民族の男と無理やり結婚させられるのです。ウイグル人男性は結婚相手を奪われる
ことになります。ウイグルの血を先細りさせ、やがて途絶えさせるのが共産党の狙いだと見ていいでしょう。

チベットやウイグルでは、3人を超える集まりは、それがどれほど他愛のない平和的な集まりであっても
罰せられます。学校の教室にはカメラが設置され、教師が民族の言語や文化について子供たちに
教えないよう監視されています。新疆ウイグル自治区では街中の至るところに6万台もの監視カメラ
が設置されています。

さらにウイグルの人たちは核実験でも苦しめられてきました。2008年に『中国の核実験』(医療科学社)
を出版した札幌医科大学教授の高田純氏によれば、1996年までの約30年間にウイグル自治区
のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました。

内モンゴルにも1980年代から漢民族が大量に入植し、少数民族の消滅が図られてきました。
最近では炭鉱開発により、石炭を運ぶトラックが大量に走り回り、汚水が垂れ流されて環境破壊
が深刻化しています。
http://www.news-postseven.com/archives/20130528_188586.html


人権屋さんはなんで支那に抗議しないの?
こんなにまでされている少数民族がいるのに救おうとか思わないのかしら?
不思議です
日本で、日本を守ろうとしている人に抗議している暇があったら、本当に困っている人を助けてやればいいと思うんですけどねぇ


というわけで、
支那が平和な国というのは嘘っぱち
こうやって少数民族を虐待し続けているわけです
欧米はもちろん抗議していますけど内政問題だとして受け付けていません

こんな連中が沖縄、尖閣諸島を手始めにして日本を自国の領土だと言い張っているわけです
ならば日本は対抗するために、国を守るために国防に力を入れるのは当然のことではないでしょうか?しかし今のところアメリカから押しつけられた日本国憲法特に九条の縛りと戦後の反省から未だに抜け出せずにいて、本格的に国防力を付けることが出来ていません

ですんで、米軍にいてもらっているというところもあるのですが、もちろんアメリカから独立し切れていないという側面もありますけど、その米軍を追い出そうとしている連中が反日であると批判されるのは当然でしょう

自分の国を守って何が悪い?
アレが攻め込んできたら男は虐殺、女は暴行されるのは必然
それまで傍観しているつもりかしら?

それから
先の戦争末期、支那にいた日本人が逃げ帰ろうとしていたとき、孤児を育ててくれた人はいたけど、それよりも暴行を繰り返していた支那人も多数いたことを忘れちゃいかんでしょう

また再現されるのは嫌でしょ


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック