2013年05月29日

救助の必要なし>警告を無視して侵入、死亡ならば@鹿島港の釣りの穴場http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000078-san-l08

Yahoo:「「釣り穴場」鹿島港南防波堤 後を絶たぬ侵入者 茨城

>■68人死亡 マナー徹底呼びかけ

 鹿島灘の沖合に延びる危険な鹿島港南防波堤(通称・南堤)=神栖市=への侵入者が後を絶たない。全長約4キロの南堤は高波をかぶり危ないため立ち入り禁止区域となっているが、「釣りの穴場」として知られており、これまでに侵入者68人が波にのまれるなどして死亡。無謀な“太公望”が増える夏を前に、鹿島海上保安署などは警戒を強めている。

 今月10日夕、南堤で行われた鹿島海上保安署と県鹿島港湾事務所による合同パトロール。第1ゲートの鍵を開け、車で約500メートル進むと、堤防脇に重ねられた消波ブロックに乗って釣りをする人の姿があった。

 この日は5人前後が南堤に侵入。海保署員が警告すると、渋々と去っていった。「自分は大丈夫と思っているのだろうが、足を滑らせて海に落ちたら上がって来られない」と鹿島海上保安署の福田秀市地域防災対策官は警鐘を鳴らす。

 南堤は昭和38年に着工。幅約17メートルでL字型に曲がった堤防には関係者以外の立ち入りを防ぐため、鍵のついた高さ約3メートルの2つのゲートを設置している。

 しかし、釣り好きの間ではクロダイなどが釣れるスポットと評判で、釣り人はあの手この手で南堤に侵入。ゲートを壊される場合もあれば、合鍵が出回っているとの情報もあるという。昨秋には第2ゲートが強風や高波で破損し、現在は第1ゲートを抜ければ堤防先端まで行ける状態だ。

 津波被害の大きかった東日本大震災発生後に侵入者は減ったというが、昨年も鹿嶋署が十数人を軽犯罪法違反(禁止場所への立ち入り)の疑いで摘発。南堤に侵入した男性は「68人が死亡したのは知っている。あそこで命を落とすのは自業自得だ」と意に介さない。

 県鹿島港湾事務所では、今夏にも第2ゲートの修復を予定。「複製しにくい鍵を使うなど対策を考えたい」と語るが、「結局、イタチごっこになる」と頭を抱えている。

 福田地域防災対策官は「命を落としてからでは遅い。本人の意識の問題で、マナーを守ってもらうしかない。徹底して呼びかけていきたい」と話していた。


釣り人自身が自業自得と考えているなら、警察なども救助を考える必要はないと思いますね
行政としたらそういうことを言い切れないんでしょうけど、行けば死ぬと警告をされても入っていくのであれば、どうなっても自己責任。あとは放置で良いという事にしちゃうべきでしょう

別にそこの堤防に限らず、警告がなされていても同じように行動するなら救助要請があっても無視して問題ないと考えますよ

警察消防が救助に当たるべきは、あくまでも社会通念上の居住域であり、そこから一歩出た場所は違うと自分は考えます。だから山での遭難というのは本来なら、救助して欲しいなら専門の救助隊にお金を出してお願いすべきだと思いますね。警察消防が頑張らなくていいと思うんです。日常とは違う場所へあえて行くわけですから、日常とは違うんじゃないでしょうか?

海はちょっと考え方が違うらしいので一概に言えないようなんですが


また、
これからの時期河川敷でバーベキューをしているときに流されて死亡というのがちょくちょくありますけど、「玄倉川水難事故」みたいな一例があります。救助を呼びかけても逃げようとしないなら、その後は無視でいいでしょう

自分で自分を助けるためにあらゆる注意を払うというのは大原則でしょうし、まして警察らの呼びかけを無視するなら放置で良いに決まってます
無駄な公金を使うこともないですし、そういう警官らの特殊なスキルを無駄に使うことも無いです
まして二次遭難につながるようなことになったら気の毒でしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000078-san-l08


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
警告してるのにかかわらず、分別つく大人が勝手に入り込むんだから。
完全に自己責任です。

救助隊出すにも税金をつかうわけで、二次災害で遭難する危険もあるんですよ。

登山も釣りも危険を承知で行くなら、是非自分の足で帰って来て下さい。



Posted by うどん定食 at 2013年05月30日 08:55
まったくですね!
Posted by !@管理人 at 2013年05月30日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック