2013年05月29日

まだまだわからないことだらけ>地震予知は不可能?!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000090-san-soci

Yahoo:「南海トラフ「予知困難」 前兆否定 揺らぐ根幹

>中央防災会議の作業部会が28日に公表した南海トラフ巨大地震対策の最終報告には、東海地震の直前予知を疑問視する見解が盛り込まれた。気象庁が検知を目指す前兆現象の科学的根拠を事実上否定する内容は、予知の根幹を揺るがすものだ。国は確実性を向上させるため新たな観測体制の検討に入るが、技術やコストなど課題は多い。法律施行から35年を迎える予知は、大きな曲がり角を迎えた。

 ■「科学の実力に見合わぬ」厳しい現状認識

 「現在の科学の実力に見合っていない」。東海地震の予知や警戒宣言に伴う防災体制について、地震学者で構成する調査部会は厳しい現状認識を突き付けた。

 昭和53年施行の大規模地震対策特別措置法では、気象庁が東海地震の前兆現象を検知した場合、首相は警戒宣言を発令。静岡県を中心とする157市町村で鉄道がストップし、銀行や病院の外来診療が閉鎖され、津波危険地域の住民に避難指示が出るなどの大規模な厳戒態勢が敷かれる。

 調査部会の報告は予知体制の是非には踏み込んでいないが、科学的な根拠が希薄な中で、これほどの社会的なコストを払ってまで警戒するのは妥当なのかという問題提起といえる。ただ、地震学者の多くは観測の中止に否定的だ。防災科学技術研究所の岡田義光理事長は「東海地震の観測網は既に整備されており、維持費はそれほど多くない。廃止すれば科学的なデータや知見も得られなくなりマイナスだ」と話す。

 ではどうすべきなのか。調査部会座長の山岡耕春名古屋大教授は、私見として「観測と情報発信は維持すべきだが、対策は予知の実力を考慮して柔軟に立てる必要がある。戒厳令のような警戒宣言はやり過ぎだ」と強調する。前兆以外のさまざまな地殻変動データや、西日本の既存の観測網も活用して防災に役立てるべきだと話す。

 古屋圭司防災担当相も会見で「天気予報の確度を上げるには観測地点を増やすことが大事。地震も科学的な知見を集約すれば確度を上げることは十分可能」と述べ、観測網の充実や、データ利用の拡大を検討する考えを示唆した。

 ただ、東南海・南海地震の予知を目指して観測網を新たに整備すれば、多額の費用が必要になる。

 予知の見直しが浮上してきた背景には「3連動」への危機感がある。「いつ起きてもおかしくない」とされた東海地震の発生が遅れる中で、西日本では今世紀前半とされる東南海・南海地震の発生時期が迫っており、次の地震はこの3つが連動して巨大化する懸念が強まっている。

 中央防災会議は平成15年に策定した東南海・南海地震対策大綱で、10年程度たっても東海地震が発生しなかった場合は大綱を見直すとした。今年はその10年目。南海トラフ全域を視野に入れた防災体制をどう構築するのか。早急な議論が求められている。


別に地震予知に限らず、天気予報ですら確実に当てることはまだまだ難しい話
それだけ天災を予知し、被害を小さくするという方法は難しいって事でしょう

それだけにそういう天災に備え、いろいろな工事をしておくのは大事だという事になりますよね
ところが、それを無駄だと言ってしまう論調がしばらくありました
まだまだあるようですけど、被害を小さくし、せめて人的被害を無くそうとすることと、無駄を無くすことどちらを優先すべきでしょうか?
なんてことをいうと利権が〜と言い出すんでしょうけど、自分はそれで人が救われるなら多少の利権の存在があってもいいと思ってます。だって全く無償で動く人なんて信用ならないですし、そういう工事屋さんとかが儲けていてくれないと、いざって時に困ることになるのは現状を見ればわかるのでは?
公共工事が減ったことで災害復興工事に当たれる工事屋さんが少ないという事を問題だと思ってくれませんとね

いわば保険みたいなものです。無駄って言い切るには難があるんじゃないでしょうか?

後あえて言えば、こういう状態で活断層があるから原発は無理って言い切るのも問題有りではないかと思います。そもそも活断層かどうかでさえ判断できないわけですから

地震があるか無いか判断できないなら、ひとまずその予測される震度に対応できる建築技術さえあれば原発があっても問題ないでしょ。原子力規制委員会は地震学者だけではなくそういう建築技術者など多方面から意見を募るべきではないでしょうか?
それを踏まえて政治家が大きな視点で判断すべきでしょう

エネルギー問題とかいろいろ考える視点はあるわけですからね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000090-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害:地震・火山など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック