2013年05月22日

確かに橋下は弁護士としての品格は無いよね>大阪弁護士会で懲戒請求http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000006-mai-soci

Yahoo:「<大阪弁護士会>弁護士グループ、橋下市長の懲戒請求へ

>日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の従軍慰安婦を巡る発言は弁護士の品格をおとしめたとして、大阪弁護士会所属の弁護士グループが近く、橋下氏の懲戒を同弁護士会に請求する方向で検討していることが分かった。橋下氏は同弁護士会に所属し、2010年に山口県光市の母子殺害事件を巡って業務停止2カ月の懲戒処分を受けている。

 関係者によると、弁護士らは、橋下氏が慰安婦制度について「軍の規律を維持するために当時は必要だった」と発言したことや、沖縄の米軍司令官に「風俗業を活用してほしい」と進言したことなどを問題視。懲戒請求の理由について「憲法が定める基本的人権や男女平等を無視し、基本的人権の擁護を定めた弁護士法にも反する。弁護士の品格をおとしめ、市長の弁護士としての資格に疑問が生じている」などの文言で調整している。

 弁護士会は請求を受けると、審査すべき事案かどうかを審議し、業務停止や除名などの処分を決める。

 橋下氏は1997年に弁護士登録。テレビ番組で光市母子殺害事件の被告弁護団への懲戒請求を呼びかけた行為に対し、「刑事弁護に対する誤った認識を与えた」などの理由で業務停止2カ月の処分を受けた。この行為を巡っては、同弁護団が橋下氏に損害賠償を求めて提訴したが、11年に最高裁で橋下氏の勝訴が確定している。


これはごもっともな行為

橋下のこの騒ぎの発言については
正しい部分もありますし、間違っている部分もあります。ですので一概に賛成も反対でもないです。しかし、発言者の立場、発言した相手等々非常に市長としてそんなことを言って良いのか?という部分が多々あるのでこのように反発を受けているのだと思いますよ。保守系で橋下発言を褒めている人もいますけど、よく考えてみて欲しいなと思います

むしろ橋下を維新の会代表を辞めさせ除名すべきでしょう。維新の会が生き残りを図りたいならね

弁護士会がどのような判断をくだすかも、ですが
それよりも大阪市民は、こいつが市長で良いのか?ということも考えて欲しいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000006-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック