2013年05月21日

ゆがんだ平等意識が、こういうバカなことをします>アレルギー対策で給食から牛乳と卵削除http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000020-mai-soci

Yahoo:「<給食>アレルギー対策で卵と乳製品排除 千歳の全保育所

>北海道千歳市は6月から、市内の全保育所の給食で、卵と乳製品の使用をやめることを決めた。食物アレルギーのある園児に原因となる食材を誤って提供する事故が2件相次いだことに伴う措置で、市は「人為ミスを防げない以上やむを得ない」としている。ただ、一律に給食から除く対応は異例で、疑問の声もあがっている。

 最初の事故は市立末広保育所で3月19日、小麦アレルギーの男児(3)に小麦粉を使ったシチューを提供。約1時間後、せきや手が赤くなるなどの症状が出て一時入院した。

 給食は市保育課の管理栄養士が作成した献立を基に、各保育所内で委託業者の調理員が作る。食物アレルギーの園児には原因食材を抜いた献立(除去食)を用意することになっているが、このときは小麦粉不使用のシチューを作り忘れた。さらに給食のお盆には原因食材(小麦)を書いた札が張られていたが、確認しなかった。

 事故後、市は▽前日に除去食が必要な子供の名前と除去食材を表にする▽当日朝に全調理員で表を確認▽給食をお盆に載せる際に複数の調理員で確認−−など新たな対策を決めた。

 ところが、4月25日には同じ保育所で卵アレルギーの園児4人に、卵を原料に含むハムが入ったおやきを提供し3人が食べていたことが発覚。卵が微量で症状は出なかったという。だが、前日に作成した除去食対象者の表を確認せず「ハムを抜いたおやき」を作り忘れたうえ、全調理員による調理後の確認もしていなかった。

 給食の食物アレルギーをめぐっては、東京都調布市で昨年12月に小5の女児(11)が死亡する事故も起きていることから、千歳市は市立2カ所、民間7カ所の全保育所で卵と乳製品を使わないことを決めた。市保健福祉部の原文雄部長は「確認作業の徹底だけでは再発の可能性がある。子供の命を守ることを最優先に、あらゆる対応をしたい」と話す。

 これに対し、全国学校栄養士協議会の市場祥子相談役は「卵と牛乳は栄養価が高く、成長期の子供に食べさせたい」と指摘。KKR札幌医療センター(札幌市豊平区)の高橋豊小児センター長は「一律に除くという対応は、全国的にほとんど例がない。調理員が手順を徹底すれば大部分の事故は防げる。他にやるべき対策はあるはずだ」と話している。


給食っていうのは発育時に大事な栄養をとる目的もあるはず
にもかかわらず一部のために、こういうことをしてしまったら正常な発育を妨げる可能性もあるのでは?
みんな一緒じゃなきゃイヤっていうのは駄目ですよ

しかし今の世の中過剰に食材が溢れていて、捨てちゃうくらいですからどうでも良いんですかね?

この辺やっぱり母親が子供のためにご飯を作ることが一番だと思います
給食廃止して、お弁当というのが一番間違いが無くて良いんじゃないでしょうか?
だからお母さんが家でそういうことが出来る余裕を社会で作らないといけない!

まずお父さんの給料をアップですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000020-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック