2013年05月18日

2ステージ制には反対headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00010000-wordleaf-socc …

Yahoo:「Jは2ステージ制を復活すべきか

>20周年を迎えたJリーグに、2ステージ制を復活させる構想が持ち上がっている。今月14日に都内のJFAハウスで行われたJ1実行委員会で、来季からシーズンを第1、第2の両ステージに分けて、それぞれの優勝チームが対戦するチャンピオンシップで年間王者を決める日程案が示された。

 Jリーグの価値をいかにして高めるかを議論してきたJリーグ戦略会議(議長・大東和美チェアマン)内で、復活すれば10年ぶりとなる2ステージ制を推す声が出始めたのは今年の冬。会議内での話し合いとJ1クラブの現場サイドへのヒアリングを重ねた上で、正式な提案となった。

 背景には2008年の1万9202人を境に再び下降線をたどり始め、今年の第11節終了時で1万6308人にまで減ったJ1の平均観客数がある。2ステージ制のもとで優勝争いが盛り上がる回数を増やすことで、コアなファンの周辺にいる一般のファン、選挙でたとえれば無党派層の足をスタジアムに運ばせ、テレビ放映権料などを含めた収益のアップにつなげるのが狙いだ。

 Jリーグ戦略会議のメンバーでもある、湘南ベルマーレの眞壁潔社長は2ステージ制の復活がもたらす効果をこう説明する。

「勝負のポイントの回数が増えることで(メディアへの)露出が増え、魅力のあるコンテンツとなり、選手たちの価値も上がる。興行面で言えば大事なのは露出。今はそれが足りないわけですから。現場で言えば、第1ステージで失敗しても第2ステージで一から巻き直せるメリットもある」

 世界的に見れば、2ステージ制が採用されたリーグ戦は稀有と言わざるを得ない。Jリーグがスタートした1993年は10チームだったこともあり、1ステージ制では1チームあたり年間18試合しか開催することができなかった。試合を数多く開催し、老若男女への認知度を急ピッチで高め、Jリーグのコンテンツの魅力を高める目的で2回戦総当たり、合計36試合の2ステージ制が導入された経緯がある。

 水曜日、土曜日と熱戦が全国各地で行われ、テレビや新聞のメディアでも連日のようにトップニュースで取り上げられる。初代チェアマンを務めた日本サッカー協会の川淵三郎名誉会長も「広告費に換算すると何億、何十億のPR効果があった」と一大ブームに沸いた当時を振り返る。
 もともと、チーム数の増加とともに2回戦総当たりによる2ステージ制は過密日程を招き、17チームとなった1997年からはホーム&アウェーというリーグ戦の原理原則を貫くことを断念。1回戦総当たりの2ステージ制には「邪道だ」との声も数多く寄せられた。

2002年7月に川淵氏からチェアマンを引き継いだ鈴木昌氏は振り返る。「就任当初から1ステージ制への移行は構想の中にあったが、いきなり公言してはチャンピオンシップのスポンサーだったサントリーさんに対して失礼になるので」。

 2002年にジュビロ磐田、翌2003年には横浜F・マリノスが第1、第2ステージの両方を制覇し、チャンピオンシップが開催されなかったことで機は熟したと判断したのだろう。2005年から1シーズン制が導入された際には、Jリーグ関係者の誰もが「これで世界基準のリーグに肩を並べた」と喜んだものだ。
 ホーム&アウェーによる2回戦総当たりのリーグ戦で、1年間を通じて最も安定した力を発揮したチームが頂点に立つ。いわゆる世界基準のもとで、2007年から前人未到の3連覇を達成した鹿島アントラーズを除けば、2005年のガンバ大阪、2006年の浦和レッズ、2010年の名古屋グランパス、2011年の柏レイソル、そして昨年のサンフレッチェ広島と初優勝チームが美酒に酔ってきた。

 今年もJ1残留争いの主役だった大宮アルディージャが、開幕前の下馬評を覆して首位を快走している。群雄割拠状態が続くJ1戦線についても、戦略会議のメンバーである日本サッカー協会の原博実技術委員長は「一般の人から見ればどんぐりの背比べに見えるかもしれない」と指摘する。

 実際問題として、観客動員の面で見れば1ステージ制の効果は長続きしなかった。秋口からは優勝争いにも残留争いにも無縁のチームが絡む消化カードが増えてくるのも、マイナス要因となるのだろう。

 先のJ1実行委員会では、現時点で最後となっている2004年のチャンピオンシップが成功体験として各クラブに報告された。マリノスとレッズの人気クラブが激突した2試合は日産スタジアムに6万4899人、埼玉スタジアムには5万5715人の超満員の大観衆を集め、地上波で生放送された視聴率もTBSの第1戦が12.0%、NHK総合の第2戦が15.3%をマーク。必然的に入場料収入や放映権料、広告収入などの収益から各クラブに分配される金額も増した。

 2004年当時のJ1は16チームで構成されていた。現状の18チーム体制では、当然ながら「邪道」と揶揄された1回戦総当たりの2ステージ制にならざるを得ないし、リーグ戦そのものの数だけでも2004年の30試合から「4」増となる。

 加えて、当時はなかったクラブW杯が12月に開催されるため、遅くとも12月第1週までにはチャンピオンシップを終えなければならない。すでにJリーグ戦略会議は開幕を2月下旬に前倒しするプランをJ1クラブへ提示しているが、前出の鈴木氏は「絶対にダメとは言わないが、やはり厳しい」と日程面での弊害を指摘する。

当時から日程が一番の問題だった。開幕前のゼロックススーパーカップ、第2ステージ終了後にはチャンピオンシップを2試合開催する日程を考えると、どうしてもウイークデーの水曜日開催が多くなった。現状ではウイークデーの試合が3、4つ増えるでしょう。今も過密気味の日程なのに、選手のコンディション管理がますます大変なことになる。それこそターンオーバー制を採用できるような、25人前後の選手の実力が平均していて、高い年俸を支払えるビッグクラブじゃないと生き残れなくなるかもしれない。チームの経営は相当しんどいものになる」

 第3代チェアマンとして1ステージ制を整備・発展させてきた鬼武健二氏も「個人的にはするべきじゃないと思う。何をいまさら、という感じもある」と反対を唱えるが、一方で今年のJ1の試合を取材していると、現状のままではどうしても「ジリ貧」の感をぬぐえない。

 たとえば今シーズン、横浜F・マリノスがチーム記録を更新する開幕6連勝をホームの日産スタジアムでマークした、4月13日の川崎フロンターレ戦における観客数は快晴無風にもかかわらず約2万7000人。当時は首位を快走しながら、約7万2000人収容のスタンドからはむしろ寂しさが伝わってきた。勝てばファンが集まる、という方程式も通用しなくなっているのが現状だ。

 個人的な意見を言えば、1994年1月のヴェルディ川崎対アントラーズを筆頭に、独特の緊張感の中で行われるチャンピオンシップはしびれるカードばかりだった。一般のファンの目を向けさせ、現状を打破する起爆剤になる可能性を秘めているとも思う。

 だからこそ、改革なくして成長なし。過密日程を極限まで回避した上で、いかにして興行としての質を高められるか。Jリーグの大東チェアマンは「早めに結論を出したい」とした上で、こう力を込めた。

「何かを打破して、変えていくくらいの気持ちがないといかんと思っています」
 今後はJ1の全18クラブが2ステージ制復活による効果を精査し、6月11日のJ1実行委員会で導入の可否を議論する。あるJ1クラブの幹部は「現状がこんなわけですから、議論するのは非常にいいことだと思う」と前置きした上でこう続けた。
「14日の実行委員会で初めて(2ステージ制を)言われたチームもある。来年からやるとなれば、やっぱり8月くらいまでには(詳細を)決めないと」

 残された時間は多いようで少ない。タブーなしの議論が求められる。


なんか橋下もみたく現状を打破するために改革すれば良いという悪しき考え方が蔓延しているようで気持ち悪いですね

2ステージ制は現状では百害あって一利無しでは?ホームアンドアウェイを今のチーム数で考えたらとても2ステージするのは無理がありすぎると考えます

そして、秋春制にも関わりますが、北の地域のことを考えたら長いシーズン、冬にかけて試合を行うのはとても無理

観客数を増やすためにいろいろ考えるのは良いことではありますが、無茶をして選手を壊すようなことがあってはならないと思いますね。平日の観客数の少なさを考えたら水曜多数開催しても無理でしょうし


なんというか日本というキャパシティでいろんなプロスポーツを並び立てても観客が分散してしまって利益を上げられるようにするのはとても難しいと思うのです

野球だって最近厳しいようですし
これはクライマックスシリーズを導入したのも良くなかったんじゃないかなと考えてます
年間通して戦って結果を出してもひっくり返るなんて、好ましいことには思えません。もちろん繰り上がったチーム、ファンはうれしいでしょうけどね。なんかつまんないことをしたなぁと思ってますよ

また他にもいろいろ夢中になれることがありますからサッカーをずっと見るというコアな人は少ないんじゃないでしょうか?豊富すぎる日本の贅沢な悩みかもしれません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00010000-wordleaf-socc


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:Jリーグ
posted by ! at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック