2013年05月15日

首長の判断はせいぜい参考程度に>国全体に関わるライフラインに地方のエゴが邪魔http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000001-at_s-l22

Yahoo:「浜岡再稼働、首長は慎重 新基準適合でも9人否定

>中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)は14日で全炉停止から2年を迎えた。再稼働時期はいまだ見通せず、県内35市町の市長・町長のうち9人が「再稼働を認めるべきではない」と明確な認識を持っていることが、静岡新聞社のアンケートで明らかになった。原子力規制委員会による原発新規制基準の施行を7月に控え、中電は再稼働を見据えた地震・津波対策を進めているものの、安全性への懸念は依然として解消されていない。
 アンケートは各市長・町長に対し、浜岡原発3〜5号機が新規制基準を満たしたと国が判断した場合、再稼働についてどう考えるかを聞いた。「再稼働を認めるべき」と答えた首長は4人。22人は条件付きの回答を示すなど、現時点でのはっきりした判断を避けた。
 再稼働に否定的な意見は、「周辺人口や産業集積を考えればすべきではない」(西原茂樹牧之原市長)「福島の事故の真相究明がなされていない」(菊地豊伊豆市長)など。「放射能被害は現在の科学技術では対応できない」(須藤秀忠富士宮市長)「判断はこれからだが、住民理解は難しい」(村松藤雄森町長)との声も。「その他」の回答でも、「将来にわたり安全が確保されなければ運転できない」(松井三郎掛川市長)「再稼働はできない」(若林洋平御殿場市長)との意見があった。
 一方、再稼働に肯定的な回答は「エネルギー政策上、当面は反対できない」(栗原裕康沼津市長)「専門機関の判断を信頼する」(楠山俊介下田市長)など。
 現在は地元4市(御前崎、牧之原、掛川、菊川)が中電と締結する「安全協定」の対象範囲について尋ねたところ、7人が「全市町と結ぶべき」、同数の7人が「緊急防護措置区域(UPZ)内11市町と結ぶべき」と回答し、計14人が対象を広げるべきとの認識を示した。「現状と同じ4市」は5人だった。
 アンケートは各市町の担当者を通じ、5月上旬時点での市長・町長の見解を聞き、全員から回答を得た。

浜岡住民投票「争点なり得ず」
知事定例会見
 全炉停止から14日で2年となる中部電力浜岡原発について、川勝平太知事は13日の定例記者会見で、再稼働の是非を問う県民投票の実施が知事選の争点になるかとの質問に対し、「なり得ない。(中電の津波対策工事などが完了する)3年後に住民投票をすると、今言うのもおかしい」との見解を示した。
 知事は「中電は今、原子力規制委員会の規制(新規制基準)をクリアする道を探っている。再稼働が喫緊に迫っているわけではない」と説明した。
 さらに、原発に発電量の半分近くを依存する他の電力会社と中電は違うとして、「本県は(再稼働を急ぐ)緊急性はない」とも指摘。「県民自身が浜岡原発について知識を得て、最終的に判断するのが筋」とした。


地方の意見をすべて反映していたら国全体の動きの足を引っ張られるわけで、
重要視したらいけないと思います
国家レベルでうんと高い視点から判断を下すべきでしょう
放射線等のデメリットもですが、得られるメリットについてもしっかり踏まえて考えなければならないはずです
しっかりと検討し、なるべく早く再稼働へ持ち込むべきでしょう


また、菅についてですが
今も変わらず良くやったと抜かす阿呆がいるようです
法や権力を逸脱した行為を称える行為はおかしいです

うんと譲って菅の行動が正しかったとしましょう。それでも許されざる行為です
悪法でも法は法、その法から逸脱した行為を認めたら、その時点で法治国家であることを止め、ただの独裁国家に成り下がってしまいますよ?権力者が法に従わないなら、全く意味がないわけで護憲派の人たちに叱られると思うのですが?まさか(自分たちの考えに沿っているから)正しい行為なら何をしてもかまわないとおもっているのでしょうか?その「正しい」を決めるのが何かって事だとは思うんですが・・・

それだけに反日や売国連中が立法に携わるのは怖いというのです

菅がやったことによって津波災害が原因となって発生した原発事故の被害は拡大しました
これはその後の報告でも認められていることであり、菅を褒めるのは阿呆な行為であることをお忘れ無きよう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000001-at_s-l22


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック