2013年05月14日

まず世界中の軍人を侮辱した発言ですし>橋下の慰安婦容認発言http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000127-jij-pol

Yahoo:「維新・橋下氏が慰安婦是認発言=在沖米軍には風俗業利用促す―与野党から批判

>日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は13日、旧日本軍による従軍慰安婦問題について、「慰安婦制度は必要だった」との認識を示した。橋下氏はまた、在沖縄の米軍幹部に対し、米兵による風俗産業の利用を促したことも明らかにした。
 歴史認識をめぐる安倍晋三首相の言動が中韓両国などとの外交摩擦となっている中、慰安婦の存在を是認した橋下氏の発言に対し、与野党双方から批判の声が上がった。
 橋下氏は同日午前、大阪市役所で記者団に対し、「銃弾が雨・嵐のごとく飛び交う中で、命を懸けて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶっている集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と述べた。
 橋下氏は同日夕にも記者団に「軍の規律を維持するため、当時は必要だった」と改めて主張。さらに、大型連休中に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を視察した際、米司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と求めたことを明らかにした。その理由について橋下氏は「性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にはあるわけだから」などと語った。
 維新の小沢鋭仁国対委員長は、橋下氏が同時に侵略の事実を受け止めるべきだとする発言もしていることを踏まえ、「全体を通して聞いていただくことが重要だ」と釈明した。しかし、維新議員団幹部の1人は「歴史のタブーに触れる問題発言だ」と非難。別の幹部も「党の考えを代表したものではない」と火消しに躍起となった。
 一方、自民党幹部は「論外だ。致命的な発言になるだろう」と批判。民主党の海江田万里代表は「慰安婦制度は必要ない」と強調し、共産党の市田忠義書記局長は「戦慄(せんりつ)を覚えた。市長や党首の資格はない」と語った。
 

いい加減、維新の会のメンバーは橋下を黙らせるばかりじゃないですか?
あまりに幼稚で行き当たりばったりでデタラメなことばかり言っている党首の党を誰が信用しましょう?

まず、休息云々というのは世界中の軍人に対する侮辱として捉えても良いのでは?
誰も彼もがそういう行為をするというわけではないでしょうし
軍人を十把一絡げで言ってしまうのは、仮にも一応は大阪市長としての立場での発言として考えればあまりにも短絡的で思慮の足りない発言ではないでしょうか?

そして、その市長の立場で沖縄駐留の米軍司令官にそういう発言をした事も異常
情けないの一言です。もっとまともな表現方法もあるでしょうに・・・知性のかけらもない愚劣な物言いで、恥ずかしいったらありゃしない

この一連の恥ずかしい物言いで与野党、自党内から苦情が出るのは当たり前
早々に市長も党代表も辞めるべきでしょう
公人たる資格はありません

あと数十年かけて、もっと知性と知識に磨きをかけてからやり直すべきでしょう
二度とでてこなくて良いとは思いますけどね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000127-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック