2013年05月13日

キリスト教世界の中だけでなら問題なしの発言>中絶反対http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130512-00000080-jij-eurp

Yahoo:「ローマ法王「中絶反対」を明言=殉教者800人、聖人に

>バチカンからの報道によると、フランシスコ法王(76)は12日、サンピエトロ広場でのミサで、生命尊厳の観点から妊娠中絶に反対する考えを明言した。法王はカトリックの教義的には保守派とされていたが、3月のローマ法王就任後、中絶に言及したのは初めて。
 法王は「生命は受胎の瞬間から尊重される必要がある」と強調。さらに中絶を禁止する法律が必要との認識を示した。
 一方、バチカン(ローマ法王庁)はこの日、1480年にイタリア南部オトラントでオスマン帝国によるイスラム教への改宗を拒み殉教した約800人と、貧困者支援に身をささげたコロンビアとメキシコの女性聖職者2人について、カトリックの最高位の崇敬対象である「聖人」に認定した。
 

キリスト教、ローマ法王、カトリックの中だけで言っていることなら問題なし
信仰のな人にまで押しつけるのであれば大問題

いろんな方が指摘しているとおり
性犯罪によって望まない子供を産む必要もないですし
出生前診断であらかじめ遺伝子に異常があるなどわかるなら、あえて産む必要がないと思いますので中絶という手段はあっても問題ないと考えます。無理をして出産して母体に悪影響を残しても困るでしょうし、そんな感じです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130512-00000080-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命に関わる問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック