2013年05月12日

イオンの出店で本当に地元は良かったのかな?と思ってますけどhttp://t.co/FDGoK1pYcF

Yahoo:「イオン出店戦略の真骨頂 大型ショッピングセンターに託す思い

>流通大手のイオンが「次世代型」と位置づける大型ショッピングセンター(SC)出店を加速している。4月18日に神戸市の既存店をリニューアルしたほか、今月も「イオンモール大阪ドームシティ」を開業予定で、平成27年2月末までに20以上の出店を計画する。狙うは、物販から娯楽性へのシフトによる「リピーター」の囲い込み。居心地の良さを武器に消費者を離さないノウハウの構築をもくろむ。

 大型連休初日となった4月27日のイオンレイクタウン(埼玉県越谷市)。専門店街の一角で催された「ポケットモンスター(ポケモン)」イベントで、キャラクターのかぶり物をした家族連れが列をなしていた。ポケモンだけではない。格闘技ショーに屋台村など、まるで遊園地にいるかのようだ。
 「ここに来れば、必ず何かをやっている。子供を連れて来ても安心」。同市に住む主婦(35)は、はしゃぐ子供2人の様子に目を細める。イオンの横尾博専務執行役は「買い物以外にも懐具合に応じて楽しめるのがSCの真骨頂」と強調する。
 イオンは近年、SC全体が娯楽施設化したモール型商業施設の出店が目立つ。3月の「イオンモールつくば」(茨城県つくば市)、4月の「神戸ハーバーランドumie」(神戸市)、12月には、本社のある千葉市・幕張新都心に旗艦モールを完成させる。
 イオンは心地よい時間を消費者に体験させ、リピーターを勝ち取る戦略で、その中心はSCだ。ライバルのセブン&アイ・ホールディングスがコンビニエンスストアの利便性に訴え、消費を喚起しているのと対照的だ。
 イオンがこれまでに立ち上げた120超の大型モールには、仕掛けがふんだんに盛り込まれている。3月に開業した「イオンモールつくば」には、高級バイク「ハーレーダビッドソン」の専門店を出店。水戸市から来た男性(55)は「第2の人生をこいつと過ごせたら」と、約160万円のバイクを飽きずに眺める。施設の配置や天井の高さ、通路のカーブに至るまで利用客の心をくすぐるノウハウが結集されている。

効果は業績にも表れている。イオンの25年2月期連結決算で、SC開発・運営のディベロッパー事業は売上高では全体の3・6%なのに、営業利益では22・5%をたたきだす。イオンは同事業を「主要な収益源の一つ」と位置づける。
 イオンのM&A(企業の合併・買収)や専門店化でも、その活用の舞台はSCだ。酒類販売のイオンリカーや自転車販売のイオンバイクはテナントの常連。東芝住宅ローンサービスを子会社化したイオンフィナンシャルサービスは、休日にサラリーマンが住宅ローンの相談をしてもらえるといった、競合他社にはないサービスを実現した。
 課題がないわけではない。SCは「オープンした瞬間から陳腐化が始まる」(イオンモールの岡崎双一社長)とされ、目新しさを維持するのは容易ではない。加えて大型店の郊外での出店を規制する19年の「改正まちづくり三法」施行で出店が鈍っていたSCは、25年はイオンも含めて全国で73カ所のSCがオープン予定で、競争が激しさを増している。
 こうした中で、イオンの「次なる一手」は、まちづくり需要への対応だ。空洞化に歯止めがかからない地方都市が、税収や雇用対策も視野に市街地再生をSCに託すケースが増えている。市街地型のSCは、診療所や官公庁など公共機能も併設されるケースが多い。イオンは新たな利便性を付加できると期待しており、東京都日野市や岡山市などで駅前のSC計画を進めている。
 また、4月12日に開業した「イオンタウン新船橋」では、環境配慮型SCをうたい、社会性を武器に自治体のハートをつかむ。地元商店街との利害関係から、大型商業施設の招致には及び腰だった自治体も、東日本大震災でイオンが見せつけたライフラインの調達能力に秋波を送り始めた。「SCは将来、防災機能など幅広いニーズへの対応を求められる」。SMBC日興証券の川原潤シニアアナリストは分析する。これまでのノウハウを、どう進化につなげるか。試行錯誤は今後も続く。(佐久間修志)


競争で負けたんだからしょうがないって事になるんでしょうけども
地元商店街がこのような大型ショッピングセンターの出店でシャッター通りになっていくのは本当に忍びないですね。いつまでもショッピングセンターが存在するならまだしもいきなり閉店というところもあると聞いたことがあり、地元密着じゃないだけに無責任な面があるんじゃないかと、こういう大型店舗にはどうしても肯定的にはなれません

また、車で出かけていくことが前提になっている面が強いですから、高齢者が手軽に出かけていけないというのも大きな影響があり、買い物難民を増やすきっかけになっているような気がするんですよね

街作りで、できればこういう大きなものをドンと作って大きくするよりかは、歩いて手軽に出かけられるこじんまりとした街作りの方がゆくゆくはいいと思いますけどもね。もちろん全く効率的なやり方ではないので反対される方の方が多いと思います。でもいつか車に乗って手軽に出かけられなくなることを考えたら、そうもいっていられなくなるような気もするのですがね

効率化を追い求めすぎて、人に優しく無くなってきていると思います〜


http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130512-00000500-biz_san-nb


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック