2013年04月30日

9条についてはそれで良いのですが、まだまだじっくりと進めて行きましょう。今やるべき事は・・・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130429-00000047-mai-pol

Yahoo:「<高村副総裁>憲法9条2項「削除譲れぬ」

>高村正彦自民党副総裁は29日のTBS番組で、戦力不保持を定めた憲法9条2項に関し「文字通りだと自衛隊は違憲になる」と指摘。党の憲法草案は2項廃棄と「国防軍」化を盛り込んでおり「公明党に悪いが、削除は譲れない」と述べた。

 一方、公明党の北側一雄副代表は同じ番組で、改憲の発議要件を緩和する96条改正を先行する構えの自民党に対し「中身を並行して議論した方が国民に分かりやすい」と慎重な論議を求めた。


その方向性で全く問題は無いのですが、
ただ、今自民党に求められていることは震災からの復興、そして景気の回復のはずです
あれこれ一度にやろうとすると変なミスをやってしまうことになりますから、じっくりやっていきましょう

9条があることで日本の平和が守られてきたという、まさに平和ボケした人がいらっしゃいますが、そんな事実はありません。もし本当に日本国憲法9条が存在して平和が守られているのであれば、世界各国の憲法に採用されたんでしょうが、そういう話は聞くことはないです。また、9条を守れと標榜しているアッチ系のピースボートの皆さんがソマリア沖を航行するとき、なんで海上自衛隊に護衛を依頼したのでしょうか?お得意の9条を現地の言葉に訳して掲げていれば問題なかったのでは?そうせずに嫌いなはずの武力によって守ってもらったこと、それが全てではないでしょうか?

最低限の身を守る力がなければ平和は存在し得ない。それだけのことです

何もしなければ、誰も攻めてこない、そんな都合の良い話が存在するなら
いじめもあり得ませんよね

支那や朝鮮のように虎視眈々と日本の侵略しようとしているのに無防備で大丈夫だっていうのはあまりにも平和ボケしすぎです

いずれはきちんと日本自ら守る力を名実共に持てるように変えていくべきでしょう

そりゃ誰だって戦争はイヤに決まってます
でも、誰かがやらなきゃ誰もなんのメリットもなく守っちゃくれないでしょ?
何かを引き替えに武力を貸してくれるわけですからね
いつまでも米軍に金を払うよりかは日本国軍に防衛を担ってもらわないと、それこそ無駄ってものではないでしょうか?

警察の人にしたって、消防の人にしたって、みんな最悪生命を投げ出して、誰かを守る仕事です。でも、誰かがやらなければならないお仕事
みんなに感謝感謝


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130429-00000047-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:憲法 9条 自民党
posted by ! at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック