2013年04月14日

ライフラインの責任は行政で受け持つべき

日経:「東京都、水源維持へ民有林購入 奥多摩町と山梨の36ヘクタール

約一ヶ月前の記事ですが
東京都は奥多摩町と山梨県小菅村の約36ヘクタールの民有林を購入した。都民の水道水をためる小河内ダム上流に位置しており、荒れた民有林から土砂が流出することを防ぎ、水源の維持につなげる。都は水源林購入のモデル事業を2010年度から実施しているが、実際に購入にこぎ着けたのは今回が初めて。

 奥多摩町の1.5ヘクタールと、小菅村の34.5ヘクタールの森林の土地と立木を所有者から購入した。面積は東京ドームに…
続きは会員になってということらしいです

さて、というわけで結局のところライフラインはこのように行政が責任を持つしかないって事じゃないのかなと思うわけです。民間じゃこういうことを続けるのは難しいでしょ?

行政をスリム化して、民間に任せられるところは任すという論もわからなくはないですが
儲からない、国民全体に平等にということで儲けようとすること自体無理があるとは思いますが、ライフラインの部分だけは民間に任せて欲しくないですし、迷惑です

水道、電力などは国政とか公でやってくださいね


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック