2013年03月28日

なんで民主党が反対するんだろう?>削減が正しいとは思いませんけどね http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000096-san-pol #jimin

Yahoo:「一票の格差 「0増5減」先行を確認 与党方針に野党が反発

>自民、公明両党は27日、幹事長・国対委員長会談で、衆院選挙制度改革に関し「一票の格差」を2倍未満に収めるため小選挙区定数を「0増5減」する公職選挙法改正案について、選挙制度の抜本改革より先に今国会で成立させる方針を確認した。

 しかし、野党は「弥縫(びほう)策」(江田憲司みんなの党幹事長)と反発、法案が参院で否決される可能性があるなど、国会内の混乱は収まりそうにない。

 与党は、昨年12月の衆院選の「無効」「違憲」判決が相次いだことを受け、一票の格差の是正を最優先にすべきだと判断した。政府・与党は、28日に衆院選挙区画定審議会の区割り改定案が出るのを受け、4月上旬に公選法改正案を国会提出したい考えだ。

 民主党の岡田克也政治改革推進本部長は27日、党本部で記者団に対し「0増5減は(『1人別枠方式』を違憲とした)最高裁の考え方に沿っていない。立法府が立法するのは前代未聞だ」と、与党案を改めて批判した。

 日本維新の会やみんなの党も民主党に同調し、大幅な議員定数削減を含む抜本的な選挙制度改革を求めている。

 しかし、野党各党が訴える選挙制度改革の内容は各党の思惑が絡んでバラバラだ。民主党内も一貫性がなく、海江田万里代表は27日、都内で講演し、定数削減を求めながらも「少なくとも0増5減はやらねばならない」と発言した。

 結局、「今国会中にまとめるのは困難」(与党幹部)な状況にある。


みんなの党や維新の会など、バカな集団はさておいて
民主党は解散前に同調していたというか、これを条件の一つにして解散したはず。何故今さら反対するのかさっぱりわかりません
反対するしかない、民主党に存在価値はないですね

ちなみに自分は国会議員の定数削減には反対です。むしろ増やすことで格差の是正を図ったり、国民の声を届けやすくすることが優先されるべきだと思います。これ以上国民の主権を侵害するようなバカな行為は止めていただきたい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000096-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック