2013年03月26日

生活保護者の生活を厳しくチェックできる体制を!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000019-asahi-pol

Yahoo:「「生活保護通報」小野市条例案が成立 反響1700件

>生活保護や児童扶養手当を受ける人たちがパチンコやギャンブルに浪費しているのを見つけた市民に通報を義務づける兵庫県小野市の市福祉給付制度適正化条例案が、25日の常任委員会で全会一致で原案通り可決された。27日の本会議で成立する見込みで、4月から施行となる。蓬莱務(ほうらいつとむ)市長(66)肝いりの条例案に1700件超の意見が寄せられたが、6割は賛成の内容だ。

 「生活保護に対する無関心を改め、意識改革を図りたい」。蓬莱市長は11日の本会議でこう述べた。浪費だけでなく、保護が必要な人の通報も求めていることから「(生活困窮者の)監視ではなく、見守りの強化が目的。受給者の増加はあり得る」と主張する。

 条例案をめぐっては市議会で(1)保護費の使い道の規制に踏み込むことは妥当か(2)通報によって受給者のプライバシーを侵害する恐れはないか、が主な論点。市側は(1)には「現行法が不明瞭なままにしている(受給者の)生活上の義務規定を、部分的に明文化したものに過ぎない」、(2)には「罰則規定はなく、強制力を伴うものではない。通報するか否かは個人の自由意思に任されている」と説明した。市議会(16人)で反対の議員は1人だ。


生活保護のポイントは働かずに、公のお金で喰わせてもらっているということです
似たようなところで公務員が存在していますが、同じように公のお金で食べてます
しかし、公僕と言われるように行政の実務に就き、何かしら働いている限りにおいて全く違います。しかし、公務員に対しては色々うるさく言われていますよね。給料減らせとか、うるさい連中がいます。しかし、そういうのに限って生活保護受給者には権利がーって言っているのを見るとなんだかなーという気分になっちゃうわけですよね
受給者を特別扱いしない。むしろ納税者より低い身分として扱うべきです

高齢者であるとか何かしらの障害があって本当に働く事が出来ない人などを除いて、生活保護をもらっている連中には税金をもらう以上はいわゆる人権に制限があったって問題ないはずです。権利は義務と引き替えなんですからね。義務を果たさないなら人権も制限される、当然のことでしょう。むろんプライバシーだって制限されてもいいと思います

だから、この条例には何ら異存はありませんね。働けるのにもらっている世帯には早く働くように働きかけるなど、遊んでいる暇があったら勉強しろとか言って差し上げるくらいで良いかもね。パチンコとかばくちとか論外でしょうが

全国規模で検討し、導入して欲しいくらいですね!

それから外人への生活保護は禁止の方向で。食べて行かれないなら帰国させましょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000019-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック