2013年03月09日

なんでこんな無茶を民主党はやったんでしょうかね?>北海道の冬期の節電

Yahoo:「7%の節電期間が終了=不測の停電は回避―北海道

>政府が北海道電力管内に要請していた数値目標付きの節電期間が8日、終了した。厳寒だった2010年度比で7%以上の節電が求められた12年12月10日以降、懸念された不測の停電は回避された。ただ、需要減少の実績は4.7%にとどまり、記者会見した石井孝久副社長は「冬の節電の難しさを痛感している」と述べた。
 7%の節電の算出根拠となった電力使用量538万キロワットを上回る需要を記録したのは8日間。最も低い供給予備率は9.9%だった。北海道電は需給が逼迫(ひっぱく)した場合に備え、大口需要家に使用抑制を求める「緊急調整プログラム」などの対策を講じたが、発動はされなかった。


良かったと言える策ではなかったですよね

電気が止まったら確実に死ぬであろう寒さがいつ来るかわからないという不安感を与え続けたバカな節電策でした

今回は何とかなったのかもしれませんが、次回もうまく行くとは限りません。電力供給に余力がでるように早く原発を再稼働すべきではないでしょうか?

皆が無茶な節電をしてたまたまこうなったに過ぎず、最悪のことを考えたらもっと余裕を作っておくのが政策というものでしょ?民主党はこういう綱渡り的なことばかりをして、本当に人々に迷惑をかけただけのバカだったなと思うのであります


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000207-jij-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック