2013年03月01日

はい、その通りです。安全が確認された原発はさっさと再稼働して欲しいheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000039-mai-pol …

Yahoo:「<施政方針演説>「安全確認された原発は再稼働」安倍首相

>安倍晋三首相は28日午後の衆院本会議で、第2次安倍内閣発足後初めての施政方針演説を行った。首相は「原子力規制委員会の下で、新たな安全文化を創り上げ、安全が確認された原発は再稼働する」と明言。「原発の再稼働は、原子力規制委の専門的知見の判断による」との自公連立政権合意から一歩踏み込んだ。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)については、日米共同声明を踏まえ「政府の責任で交渉参加について判断する」と交渉参加への意欲を強くにじませた。

 首相は冒頭で、福沢諭吉の「一身独立して一国独立する」という言葉を引用し、演説全体を通じて「自立」を強く訴えた。

 外交・安全保障分野では、「在日米軍再編を日米合意に従って進める」と述べ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設を早期に進める考えを表明。日米安保体制の抑止力を高めるため、日本として「さらなる役割を果たす」と述べ、集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈の見直しなどを進める意向を示した。

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦などに射撃用の火器管制レーダーを照射した問題を挙げ、沖縄県・尖閣諸島周辺での中国側の行動に自制を強く要求。「(日中が)戦略的互恵関係の原点に立ち戻るよう求めていく」と述べ、習近平総書記との首脳会談にも意欲を示した。

 TPP交渉参加を見据えて「攻めの農業政策」を提唱。「未来に希望を持てる強い農業を創っていく」と主張した。「税制で、利益を従業員に還元する企業を応援する」と賃金引き上げも要請した。

 また、被災地訪問を踏まえ、「復興を加速する。復興庁が、地域ごとに異なる課題を具体的に整理して解決する」と強調。福島県については「除染、風評被害の防止、早期帰還に全力を尽くす」と述べた。教育分野では「6・3・3・4制」の見直しなどに取り組むほか、政府の教育再生実行会議が26日に提言した「いじめと体罰対策」を進める考えを表明する。14年4月からの消費増税を念頭に、「安定財源を確保し、受益と負担の均衡がとれた社会保障制度を構築する」と述べた。

 首相は「建設的に議論し、結果を出すことが国会議員の使命」だとして、「憲法審査会の議論を促進し、憲法改正に向けた国民的な議論を深めよう」と訴えた。

 首相は1月28日に所信表明演説をしており、一国会で施政方針演説と両方を行うのは39年ぶり。


原発無しで日本の再生はあり得ず
必要なエネルギー無しで日本が再生できると考える政治家はいないでしょう
だからしごくごもっともな判断

例え今後経済が再生していっても、その儲けが原油など高いエネルギーを買うことに費やされたら余り意味がありません。いろんな選択肢を持って発電源を用意しようとするのは当然のことでしょうし、なるべく安く納めたいと考えますよね!

それに対してただひたすら危険だからと反対するのは、おかしな事ですが
国を動かすという大局の判断が出来る人と
目先のことを考える人の違いではないかと考えます

大局で考えたら、十年先二十年先百年先を見据えてエネルギーの自活を用意するにしても、その元手が必要です。その必要な元手を輸入エネルギーに使ってしまったら?また使わない、儲けないという判断をして景気を低迷させたままなら、先を考えることは一切出来ません

現に現在火力発電で発電するための原油を購入するために何兆もの金をこの2年間で費やしたそうですよ。それだけあったらどれだけ代替エネルギーの開発が出来たことか・・・無駄なことをした二年間であったと考えざるを得ません。反原発が日本の景気の低迷の要因の一つ見なし、反日的な動きと考えても差し支えないと自分は感じてますよ。本当に困ったものです
加えておくと、日本が大量の原油を買ったことでかなり値が上がったそうですね。それで他の国で必要分確保できなかったところもあるとか。事実ならけっこう迷惑をかけていますね。どうしたものでしょう?

次への一手のための原発は必要です。早く安全対策を進め、再稼働への道を開いて欲しいものですね


あと、TPPについては、食料の自活、という面で考えれば絶対あり得ないですね
他国民の生活を考えれば、TPP導入は無いものと判断されると期待しております


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000039-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック