2007年02月13日

負け犬をめでる風潮は

もうやめにして欲しいな

ヤフー記事:「そろって連敗記録更新=ハルウララ超えた無冠馬2頭−園田競馬

>デビューから113連敗して引退した高知競馬のハルウララを超える連敗記録を持つ牝馬2頭が12日、園田競馬(兵庫県尼崎市)に出走し、そろって記録を更新した。
 2頭はシャッフル(7歳)とエリザベスクィーン(6歳)で、第3レースに登場。それぞれ3番人気、2番人気の期待を集め、念願の初勝利を目指して走ったが、結果は9着と3着。連敗記録はシャッフルが117、エリザベスクィーンは115に伸びた。


勝った馬が注目浴びるならともかく、負けた馬が注目されるのは良いのか悪いのか?地方競馬としてみれば、集客につながるなら、こういう宣伝も止むなしなのかなと思わなくもないですが、生産者側からすれば複雑でしょうねぇ

ハルウララの生産者の人のコメントを見たことがありますが、あまりうれしくはなかったようですね
【三石】ハルウララの人気、生産地は複雑な表情 (記事はちょっと下の方に)


またメディアの記事もちょっとおかしい
既に言及されている方もいらっしゃいますが、ハルウララが一番負けたわけではなく、もっと上がいて161連敗した馬がいました。そのことにきちんと触れた記事はあまり見かけませんね
ハルウララの知名度があるので、仕方がないのかもしれませんが、ハルウララより多く負けたから、連敗記録更新という記事のの書き方は感心できません。ちゃんと調べてから書いて欲しいですね

161連敗の馬:ハクホークイン(wikipediaの記事へ)

ハルウララも高知競馬に残っていれば良かったのに、あんな馬主に拉致されて安住の地も見つけられず、あまりにも気の毒な余生になってしまいました。これら二頭はハルウララの二の舞にならないようにしていって欲しいです
(ホースセラピーをするから良かったですね、というご意見も見かけますが、果たしてそうでしょうか?)
posted by ! at 22:01| 東京 ☀ | TrackBack(1) | ハルウララ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ハルウララを超える2頭。
Excerpt: 園田競馬では高知競馬に所属していたハルウララの連敗記録を超える2頭の牝馬が人気を集めています。エリザベスクィーン(牝6)とシャッフル(牝7)です。それぞれデビュウから115連敗、117連敗と負け続けて..
Weblog: 思いのままに突っ走るなかけんの暴走日記
Tracked: 2007-02-13 23:43