2013年02月28日

薬だと、その危険性は理解できているようだけどhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130227-00001324-yom-sci …

Yahoo:「「リレンザ」で3人がショック、1人死亡

>抗インフルエンザ薬の一つ「リレンザ」を2009〜12年に使った患者3人がアレルギー性ショックを起こし、このうち1人が死亡したと、厚生労働省が27日発表した。

 薬の添付文書の副作用欄に「ショック」を書き加え、患者を十分に観察するよう医師に求めた。

 厚労省によると、死亡したのは30歳代の女性。12年、家族がインフルエンザに感染したため、医療機関で予防のために吸入したが、数分後に呼吸困難となり、間もなく死亡した。気管支ぜんそくの発症歴があり、当日は発熱や感染性胃腸炎の症状があった。

 09年には、インフルエンザと診断された10歳代の女性が、リレンザを吸入した6時間半後、一時的に意識を失った。もう1人は10歳代の男性で、同年、一時的に呼吸困難となった。


こういう風にものは使いようによっては薬にも毒にもなり得るということを理解しておきたいですね

薬だと100%完全ということは無く
むしろ、大多数は助かっているのだからという論調があったりして面白い
これが原発だと、完全でないと駄目だ〜といきり立つ人の方が多いんですよね
その辺不思議だなぁと思うのでありました
放射線だって使い方次第で有用なものになり、最大のパワーは強大な電力源になるわけです

薬にしても、なんにしても技術者は常に100%を目指しているのですが、それでもわずかな何かがあって完全にはなり得ず、些細なことで顕在化して大騒ぎになるのですが、騒ぎのなり方について何らかの異常な思想が混じると原発叩き、電力会社叩きなどにつながっていくのかなと推察

日本の豊かさの原動力に近いところほど嫌われているみたい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130227-00001324-yom-sci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック