2013年02月26日

意外と宇宙旅行へ行きたいといっている人が多い

Yahoo:「宇宙“旅行者”第1号、次は火星へ

>世界初の宇宙“旅行者”、アメリカ人のデニス・チトー(Dennis Tito)氏率いるグループが2018年、火星への接近通過を伴う有人ミッションを計画しているという。この発表はインターネットで話題をさらっている。

 実業家チトー氏が設立した新しい非営利団体、「インスピレーション・マーズ財団(Inspiration Mars Foundation)」によるプレスリリースでは、人が搭乗するかどうかについての言及はなかった。ただし、「NewSpace Journal」は、乗組員は2人と報じている。

 同財団は、2018年1月の打ち上げを目指してミッションを開始する。通常は火星まで2〜3年かかる行程が、地球と火星の位置関係により約1年半、正確には501日で往復する貴重なタイミングを狙う。「Scientific American」誌のブログによれば、その次の機会は2031年になるという。

 同財団は27日(日本時間28日)にアメリカ、ワシントンで記者会見を予定しており、ミッションの詳細が明かされると思われる。ナショナル ジオグラフィック協会は、ミッションへの参加に関して同財団と打ち合わせ中だ。

 民間による火星ミッションを推し進めるチトー氏だが、彼は決して素人ではない。2001年、同氏は2000万ドル(約18億6000万円)を支払い、世界初の宇宙“旅行者”となった。このツアー中、国際宇宙ステーション(ISS)に6日滞在している。

 チトー氏は金融の分野で財を成した人物だが、ニューヨークのレンセラー工科大学で工学の修士号を取得し、NASAのジェット推進研究所(JPL)に勤務した経歴を持つ。

 JPLでは、1960年代と1970年代にそれぞれ打ち上げられた火星無人探査機、マリナー4号と9号の開発に携わった。マリナー4号は1965年に初の火星フライバイ(接近通過)に成功、地球以外の惑星の写真を初めて送信する快挙を成し遂げている。


もし放射脳おかーさんのお子さんが宇宙を目指すといったらどうするのかしら?
ISSの軌道付近では一日で地上の半年分の被曝をする世界
もうちょっと上へ行って、ヴァンアレン帯を超えたら太陽風が吹き荒れるすごい世界なんだけどね。火星までいったらどのくらい被曝するかしら?

もちろん直ちに危険な状態にならないことは、アポロの宇宙飛行士が証明しているとは思いますが


そんなバカな連中の話はおいておいて
火星を目指すって言葉が現実に出てくるようになったんですね
火星への往復となると、年単位での移動になるわけですから、ものすごい準備と覚悟がいることと思います。月への往復だって大変だったのに、火星となると本気で生命を捨てる覚悟が必要じゃないでしょうか?途中何かあったら帰ってこられる可能性はゼロじゃないですか?今の科学力を持ってしても。なんといっても距離の壁は半端じゃないと考えます

それでも危険を顧みず飛び出していくのが人類が進歩してきた理由の一つとも言えるわけですから、やっちゃうでしょうね!

惑星間航行に原子エネルギーは使えるんでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130225-00000008-natiogeog-sctch


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック