2013年02月17日

法が実態に追いついてないって事か>孤独死その遺産の扱い

Yahoo:「公営住宅の孤独死、9都県市遺品廃棄 国「法的に問題」

>公営住宅で孤独死した入居者の相続人がいない時に、正規の手続きを経ずに遺品を廃棄している自治体があることが分かった。朝日新聞が全ての都道府県・政令指定市に取材したところ、9都県市が認めた。手続きにともなう財政負担の重さが理由で、担当者は「グレーゾーンだと分かっているが、やむを得ない」と打ち明ける。

 朝日新聞が47都道府県と20指定市に公営住宅の単身入居者の遺品の扱いを取材した。結果、相続人がいなかったり、引き取りを拒否されたりするケースが、67自治体のデータがそろう2009年以降に38自治体で起きていた。

 相続人の存在が明らかでない場合、民法は、家主などの申し立てをもとに家庭裁判所が選んだ弁護士や司法書士らによる「相続財産管理人」が相続人の有無などを詳しく調査し、故人の財産を清算すると定めている。処分後に新たな相続人が名乗り出てトラブルになるのを防ぐためだ。しかし、この手続きを踏んでいたのは、北海道と大阪市だけだった。


公営住宅に遺産の引き取り手が無くて、そのまんまというわけにいかないでしょうから、止む得ない処置だったんでしょうね
しかし、生きている間は一人暮らしのままで放置しておいて、亡くなってから遺産を引き取りに出てくるって随分と悪党がいるものですね。何かしらの手助けをしていたならともかく(介護をしろという意味ではなく、生活の手伝いくらいはということで)、何もせず財産だけもらいに現れるというのは納得いかないです

なるたけ急いでこういう特に独居老人の遺産問題に対する民法などの改正を検討して欲しいですね
今後も増えるでしょうから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000006-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック