2013年02月16日

テロ集団であることが確実に>シーシェパードによる暴力行為

Yahoo:「シー・シェパード、調査捕鯨妨害=「米裁判所の仮処分違反」―水産庁

>水産庁に入った連絡によると、南極海で調査捕鯨を行っている日本の調査船団に対し、日本時間15日午後4時ごろから午後6時30分ごろにかけて、米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)が妨害行為を行った。昨年12月に始まった今冬の調査捕鯨で、SSによる妨害行為は初めて。
 SSの妨害船「ボブ・バーカー」が、調査母船「日新丸」に約55メートルにまで一時接近し、クジラの引き揚げを妨害した。日新丸の乗組員にけがはなかった。
 米国の第9巡回裁判所は昨年12月、SSに妨害行為と調査船の約457メートル以内への接近を禁じる仮処分命令を出した。水産庁によれば、今回の接近行為は明確な仮処分命令違反で、調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所が妨害行為に関する証拠を米裁判所に提出する方針だ。 


法の裁きを受けても、こういう行為を行ってきたわけですからいよいよもってシーシェパードがただのテロリスト集団であることが明確になったわけです

日本の捕鯨という文化を暴力を持って潰そうとするシーシェパードの行為のどこに正当性があるというのか?
日本政府はもっと強く訴えて欲しいと思います

かわいそうだから殺さないでというのなら肉食文化全てをやめないとならないのですが、鯨は違うとかいうあちらの考え方にはあきれてものが言えません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130216-00000012-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック