2013年02月16日

これだけ具体的な宇宙からの被害は初めて?

Yahoo:「被害、半径100キロに及ぶ=負傷者1200人に―ロシア隕石落下

>ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州を襲った隕石(いんせき)の落下・爆発で、地元警察当局者は15日夜、衝撃波で窓ガラスが割れるなどの被害が少なくとも州内10地区で確認されたことを明らかにした。これは最大の被害が出た州都チェリャビンスク市を中心に半径約100キロに及ぶ広い範囲。負傷者は重傷者2人を含む1200人に増加した。地元通信社が伝えた。
 米航空宇宙局(NASA)は大気圏に突入する前の隕石の大きさは直径約15メートルだったと推定。1908年にロシア・シベリアのツングースカに落下した隕石に次ぐ大きさとなる。また太陽よりも明るく、通過の痕跡は約30秒間目で見られるほどだったという。
 チェリャビンスク州内の凍結した湖では、隕石落下の衝撃によるものとみられる直径最大約8メートルの穴も確認された。AFP通信によると、学校や病院、亜鉛工場からアイスホッケー場まで多数の建物が被害を受けた。ただ、隕石の破片に直接当たったという負傷者は確認されていない。
 世界的に前例のない人的被害をもたらした隕石落下を受けてロシアのプーチン大統領は15日、モスクワでの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁との会合に先立ち、プチコフ非常事態相と会談、「被災者の支援を最優先」するよう指示した。 


1万トン弱のものが落ちてきて、この程度で済んで良かったと思うべきかなと
東京だったらどうなっていたことか?人口密集地ならそれだけ被害が大きくなるわけで、今後の宇宙からの災害への備えが求められることになりますね

ただこればっかりは国際間の協力が求められるわけですが、どうなりましょう?
迎撃とかいろいろ軍事技術も絡んでくるんじゃないかと思いますので難しいかもね

どこへ落ちるのかは確率上の問題ですので、取り立てて原発などに絡めて文句を言うのは止めた方が良いと思います。もし核兵器の収納庫に落ちたらより大きな被害が出ると思いますし、どこに居たって直接当たればどうにもなりません。ましてもっと巨大なものが落ちてきたらそんな議論意味ないです(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130216-00000021-jij-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:隕石 災害
posted by ! at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック