2013年02月13日

何で簡単に死ぬんだろう?

Yahoo:「監督の叱責受けた当日に… 高校野球部マネジャーが自殺

>岡山県立岡山操山(そうざん)高校(岡山市中区浜)の野球部マネジャーで、監督に繰り返し叱られていた2年生の男子生徒(当時16)が昨年7月、自殺していたことが県教委や同校への取材でわかった。県教委は調査の結果、両親に「行き過ぎと言われても仕方のない指導や発言があった」と文書で回答したが「自殺と指導の因果関係がはっきりしない」として公表していなかった。

 県教委や同校によると、生徒は選手として野球部に入部し、昨年6月11日に退部。7月23日にマネジャーとして復帰したが、同26日朝、岡山市内で自殺しているのが見つかった。前夜に亡くなったとみられる。遺書はなかったという。

 両親からの要請で、県教委は昨年10〜11月の3日間、部員に聞き取り調査をした。その結果、生徒は復帰の日のミーティングで監督から「マネジャーなら黒板くらい書け」と怒られ、自殺当日も「声を出せ」と注意されていた。練習後も本塁付近に1人呼ばれて叱られ、帰宅途中、同級生に「俺はマネジャーじゃない。ただ存在するだけ」と話したという。

 また男子生徒は部員に対し、部を一度辞めた理由を「先生に怒られるのが嫌。野球がおもしろくない」と説明、復帰した時は「マネジャーなら叱られない」と話したという。部員らによると、監督は練習中に「殺す」などの言葉を使ったり、パイプ椅子をふりかざしたりすることがあり、「チーム全体にビクビクしているところがあった」という。

 監督は県教委に「厳しい指導や叱責(しっせき)は指導の一環」と弁明。11月中旬に監督を交代した。同校の広本勝裕校長は「結果として行き過ぎた指導がなかったとは言えない」としながら「指導と自殺の因果関係は分からない」。これに対し、両親は「責任感の強い子だった。『もう辞められない』と思い、監督に叱られて追い詰められたのではないか。なぜ息子が死ななければならなかったのか、第三者による調査で自殺と指導の因果関係についてもっと具体的に検証してほしい」と話している。


死者にむち打つようで申し訳ないですが、簡単に死を選択しすぎでは?と感じました

その前に他の先生、友人、親兄弟など相談することは出来なかったのか?その辺が非常に残念なこと。何も言わずに死なれてしまったらご両親が余りにも気の毒というものではないでしょうか?


パイプ椅子、殺すという発言はさすがに是非もなく暴力行為ですが、でも、声を出せとか、その辺野球部、体育系なら普通に言われることですし、マネージャーなら書けと言われたということは、マネージャーの役割をどういう風に認識していたのか?もちろん監督の指示が悪かったことも考えられますが、どうなんだろう?

先生に怒られるのがイヤとかちょっとメンタル面が弱すぎる印象を持ちましたね


もし今後教師に限らず、子供の周辺の人によって叱ることまでもが、子供が嫌がることだから止めましょうなんて事になったらモラルもへったくれもない世界になりそうでよろしくないと思います


駄目なものは駄目と叱ることで協調性を身につける点もあるんだし・・・。ワガママ全てが認められる訳じゃないんですから、組織にあったやり方に合わせるしかないと思います。それでも駄目なら他へ移るしかないのでは?
辞めるという選択肢と思いましたけど・・・いったん退部して戻るとか不思議な点もありますし、周囲はどんな風に見ていたのでしょうか?


社会へ出てイヤだから働きたくないとか出来ないんだし、多少は我慢することを身につけないとね。それでも駄目なら周囲に相談して改善できる点は改善しないと。まだ未成年はそれが特権的に許される世代だと思います。大人になってもワガママだけだと誰からも相手にされなくなってドロップアウトしかないかも

最近は大人でもパワハラなどありますから一概には言えないかな?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130213-00000012-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック