2013年02月10日

欧州でもあるんだなぁ>食べ物に異物混入

Yahoo:「欧州に広がる馬肉混入騒ぎ 供給元への訴訟も

>ロンドン(CNN) 英国などでハンバーグに続き、牛肉100%と表示された冷凍ラザニアなどにも馬肉が混入していたことが判明した問題で、スウェーデンの冷凍食品大手フィンドゥスは9日、原料供給元のルーマニアの業者を訴える方針を明らかにした。

フィンドゥスのフランス法人は、訴訟手続きを11日に取ると表明し、「当社も消費者も被害者だ」と強調した。

同社の英国法人も9日、ラザニアへの馬肉混入は意図的だった可能性が高いとして、供給元の訴訟を検討していると述べた。

英国ではこの日、関係閣僚や食品安全当局者、小売業者による緊急の対策会議が開かれた。パターソン環境相は「犯罪行為または重大な過失があった」との見方を示し、「さらに悪い知らせがあるかもしれない」と述べた。英当局は国内の食品会社に対し、牛肉と表示されたすべての加工食品を検査するよう指示していた。

ラザニアをはじめとするフィンドゥスの製品はこれまでに英国、フランス、スウェーデンで数百万点が回収された。英小売業者や英食品安全当局などの抜き取り検査によると、これらの製品には馬肉が30〜100%も含まれていたという。

フィンドゥスは馬肉の混入による健康被害の恐れはないとしているものの、英国では一般に馬肉を食べることがタブーとされている。さらに、馬に使われる医薬品で、食品への使用が認められていない「フェニルブタゾン」の混入を懸念する声も上がっている。


日本でも、支那朝鮮でもあることですが、ヨーロッパでもこういう問題が出るんですね

やはり食べ物は国内の信頼できるメーカーに頼むべきであるし、食品メーカーは原材料を可能な限り国内で生産したものを供給できるようにして欲しいものだと思いますね

生命に関わるものであるだけに、そうであって欲しいと願ってます
正直支那朝鮮製なんて怖くて食べられない。今のところ加工品の場合知らずに食べてしまっているかもしれませんが、そう書いてあったら絶対に食べたくない

アメリカ製でも遺伝子操作をした小麦とか訳のわからないものは避けたいですよね
食品メーカーは特にモラルを持って頑張って欲しいですねぇ

しかし、馬肉がタブーとは知りませんでした。日本だと馬刺しなどいろいろ食べ方はありますよね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-35028058-cnn-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック