2013年02月01日

教師達の主張は当然でしょ>退職金減額で早期退職

Yahoo:「<駆け込み退職>唐突な制度改革に怒り…教諭が心情

> ◇「働いた方が損をする。こんな失礼な話はない」

 退職手当の引き下げ前に教員が退職を希望した「駆け込み退職」問題。早期退職を決断した埼玉県立高の男性教諭(60)は1月31日、教員人生を締めくくる最後の授業に臨んだ。「一生をささげた仕事。生徒を思っていなければ60歳まで続けられるわけがない。最後をこんな形で終えるのは悔しく、残念でならない」。毎日新聞の取材に、苦渋の決断を下した胸の内を明かした。

 教諭は英語を担当し、2年生の副担任を務めた。2月からの退職金減額については昨年12月中旬、校長から説明があった。試算表を見ると差額は約150万円。3月末まで勤めた場合の給与を考慮しても、70万円の減額になる。

 1人暮らしでローンの返済はない。生活が切迫しているとは言えなかった。だが、唐突な制度改正に怒りがこみ上げた。「身を削り働いてきたのに、働いた方が損をする。こんな失礼な話はない。『要らない』と言われたようだった」

 2年前から肺の病気などを患い、体力の限界を感じてもいたが、生徒の顔を見るたびに心は揺れた。何と言えばいいのか。年度途中で仕事を投げ出し、同僚にも迷惑をかける。始業式のあった1月8日に「早く決めなければ後任が探せず、迷惑をかける」と早期退職を決断した。同僚も「こんな不条理な制度を我慢して受け入れないで。1月末で辞める選択をしてもいい」と背中を押してくれた。

 「教員が途中で辞めるのは無責任」「生徒がかわいそう」「制度が悪い」。早期退職を巡る批判や擁護が報じられる中、自分も1月で辞める教員だ、と生徒に説明した。

 最後の授業。「今回の件で、人にはいろいろな立場や思いがあることを知ってほしい。嫌な辞め方だったけど、君たちと過ごせたことは最高の思い出です」。そう締めくくると、生徒たちは「ありがとうございました」と感謝の言葉を返してくれたという。


退職金を減らすというのは働く人をバカにした話
民間で働く人だって、同じ事になれば、同じように早めに辞める人もいましょうから、この教師たちの動きをどうこう言っちゃいけないと自分は考えますね

減らされて納得する人はいないでしょうから

ですんで、こういうバカな制度変更をした行政に文句をいうべきですし
また、そういう風に行政を動かした世論というのも問題視しても良いと思ってますよ

不景気で人件費が削られる動きが多いですけど、働く人が少しでも報われるようであって欲しいものです
企業は儲けることを考えるのは良いとしても、株主にへつらうことより、現場で働く人を優先して欲しいと思います。株の配当金は減らして人件費を増やすべきでしょ?まずは働く人へ報いるべきです
株主なんて二の次三の次でしょ?また、株主自身もそういう考えであるべきでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000047-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック