2013年02月01日

スーチーさんってこういう人だったのか?!

Yahoo:「来韓中のスー・チー氏 日本の歴史認識に苦言

>ミャンマーの民主化運動指導者で最大野党を率いるアウン・サン・スー・チーさんが、日本の歴史認識に関連して「誰でも過ちを犯すことはあるが、過ちを認めることをためらうことこそ本当の過ち」と述べた。
 1日、ソウル市内の金大中図書館で仁川市の宋永吉(ソン・ヨンギル)市長と会談した席で発言した。宋市長が「ドイツとは違い、日本は慰安婦問題などを認めていない。関心を持ってほしい」と述べたのに対し、「過ちを正そうとする姿勢が重要」などと強調した。
 またスー・チーさんは「日本の帝国主義に立ち向かった父は『日本人個人を恨んではいけない。誰にでも長所・短所があるため短所ばかりをみて恨んではいけない』と言っていた」と話した。
 朝鮮半島が分断されている現実に言及した宋市長の言葉に、「違いを認めながら同時に(統合は)可能だという自信を持つべき。相互理解と尊重の中に違いを認め、他人の観点から問題を見つめると多様な人と集団を統合できる」と説明した。
 自身の人生については「自分が選んだ道であって犠牲だとは思わない」と述べた。
 スー・チーさんは宋市長と20分間にわたり会談した後、韓国に住むミャンマー人との懇談会に臨んだ。故金大中(キム・デジュン)元大統領の李姫鎬(イ・ヒホ)夫人とも会談する予定。


南鮮の報道なので、どういうニュアンスの発言だったのか何とも言えないのですが
この報道通りなら、なんだこの程度かということになってしまいますね

慰安婦問題は、朝日新聞などがでっち上げたものであって
実際には無かった、それだけのことです
無かったことの謝罪と賠償を要求されるのはもううんざりです
日本人はそういう風に発言していかなければなりますまい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130201-00000023-yonh-kr


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ、白馬事件みたいなのもありますので、「朝日新聞、および韓国政府が主張するような慰安婦問題は無かった」と言うのが正解かと。
Posted by えまのん at 2013年02月04日 16:49
慎重な物言いをすれば、そうなるかもしれませんね。
いずれにしろ国が軍が主体となって問題を起こしたことは、朝日、南鮮のねつ造です。
Posted by !@管理人 at 2013年02月04日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック