2013年01月30日

民主党議員の追求は無意味に等しい>代表質問において

Yahoo:「海江田代表、安倍首相の経済政策追及

>本格的な与野党論戦のスタートです。安倍総理大臣の所信表明演説に対する代表質問が衆議院本会議で行われ、衆院選で大敗した民主党の海江田代表が反転攻勢をかけて質問に立ちました。

 「反省すべきは深く反省し・・・」(民主党 海江田万里代表)

 代表質問のトップバッター、民主党の海江田代表。冒頭は民主党政権時代の反省から入ったものの、早速、対決姿勢に転じました。

 「将来世代への負担先送り、族議員が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する利益誘導政治、弱肉強食社会を生む新自由主義的な経済政策などが復活しようとしています」(民主党 海江田万里代表)

 対する安倍総理は余裕の答弁で応じました。

 「大変困難な状況の中で民主党代表に就任された海江田代表に対し、改めて敬意を表し」(安倍晋三総理大臣)

 政権交代後初の与野党の論戦。元経済評論家の海江田氏が最も力を入れた質問は、安倍総理の経済政策に対してでした。

 「旧来型経済政策が効果に乏しく、財政赤字を膨らませてきたことは歴史が示すとおりであります。今回のような巨額の財政出動を今後も続けるつもりなのか」(民主党 海江田万里代表)
 「財政健全化と日本経済再生の双方を実現する道筋について検討を進める」(安倍晋三総理大臣)

 慎重な答弁に終始する安倍総理。額に汗を浮かべながら論戦を挑んだ海江田氏でしたが、うまくかわされた印象です。

 民主党が党再生のアピールに苦慮する一方で、自民党本部で開かれた“ある会合”が熱気に包まれました。

 「とうとう正式に82人での自民党青年局が今日からスタートしてまいります」(自民党 小泉進次郎青年局長)

 小泉進次郎議員が局長を務める自民党青年局の会議です。メンバーが82人まで膨らみ、「事実上の『小泉派』の旗揚げか?」といった声も上がりましたが・・・

 「青年局は党公認の組織ですから、派閥とは全く違います。党のために日本のために頑張ると、それだけです」(自民党 小泉進次郎青年局長)

 小泉氏率いる青年局、その動向への注目はさらに高まりそうです。


昨年末まで政権を持っていたのに、何も出来なかった民主党が何を言っても無意味じゃないでしょうか?
3年今日の時間があったのに、これといった成果を上げることが出来ず、なすすべもなく陥落したような党が何を言うのか?という感じです

はっきり言ってマスコミなどによる偏向報道に基づいた世論誘導で潰された自民党とは違うと考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130130-00000040-jnn-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック