2013年01月26日

これは猪瀬知事に偏りすぎの記事>東電気の毒すぎ

Yahoo:「<猪瀬都知事>東電は「ぼったくりバーみたいなもの」

>水力発電関連の売電契約の年度内打ち切りに伴い、東京電力から約52億円の解約金支払いを求められている東京都の猪瀬直樹知事は、25日の定例記者会見で「ぼったくりバーみたいなものだ」と東電を批判し、支払い拒否を続ける姿勢を示した。

 ◇売電契約打ち切り巡り発言

 都はダムを利用した3カ所の水力発電所(出力計3.65万キロワット)を持ち、18年度末まで電気を全て東電に売る契約を結んでいた。しかし、新電力と契約すればより高値で売れるとして、来年度から入札を実施する方針に切り替えたところ、東電から約52億円を請求された。都はこれを拒んだが、今月21日に再び支払いを求める文書が届いたという。

 東電広報部は「自治体からの電力は長期契約に基づき安価で購入している。都が解約するなら、追加コスト分を支払ってもらわないと電気料金に影響が出る。都と真摯(しんし)に協議を続けたい」とコメントしている。


これについては東京都と東電の間でどのような契約が結ばれているかで考え方が変わると思います
この記事を見て速効東電が悪いという風に捉えてしまうのは阿呆としか言いようがありません
もし契約上違約金を取っても良いとなっていれば、東電の主張に問題はなく
契約上無ければ、東電が無理強いしているということになると思いますけどね

その辺を記事上で明らかにしないで猪瀬知事に偏った記事を書くのは、それこそ阿呆というものでしょう
印象操作をしすぎというものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130125-00000104-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック