2013年01月23日

生活保護を下げるのはもちろんですが>その前にやるべき事

Yahoo:「生活保護、段階的に7%程度下げ方針…政府与党

>政府・与党は22日、2013年度以降の生活保護費のうち日常生活の費用である「生活扶助費」の給付水準について、3年程度かけて段階的に6〜7%引き下げる方針を固めた。

 約800億円の削減となる。10年度の生活扶助費は約1兆1552億円だった。

 給付水準の引き下げは、13年度予算編成の大きな焦点となっている。下げ幅をめぐっては、厚生労働省の審議会が16日、多人数世帯の保護費ほど一般の低所得世帯の生活費を上回る傾向があるとの検証結果を公表。この逆転現象の解消と、05年度以降据え置かれてきた水準について、近年のデフレによる物価下落に連動させる必要があるとし、全体で6〜7%程度の引き下げが妥当だと判断した。


生活保護の対象をもっと厳密に絞り込むべきではないですか?
まずは、国籍による区別が必要。特に在日朝鮮、支那人に支給する必要はありません
本当に生活に困っている日本国民に限るとすべきでしょう
この辺は失業手当も同じ。稼ぐことが出来なくなった外人は皆帰国という風に定めるべきです。まず日本国民の生活を守ることが一番大事であると考えるべきでしょう。外人によって日本国民の生活が害をなされるなら、外人の追放は当然のことです

それから、保護受給者の生活のチェック
何ヶ月かに一度は家計簿をチェックしないと駄目でしょうね。毎月でも良いでしょう
余計なことに使っていないかどうか見定めるべきです。使い方次第ではさらに減額、そして打ち切る必要がありますよね

税金で食べている公務員を叩く人がいるのに、働きもしないで税金をもらっている生活保護者を擁護するのはおかしいです。本当に身体に障害があるとか高齢者であるとかによって働けないのならいざ知らず、働けるのにもらっている人はガラス張りの生活をするべきですね。人権どうこういわれる人もいるでしょうが、義務を果たさずして権利を主張する無かれ、です
だから国は国民に働く場を提供するために、公共事業を興すなどしなければならないわけです
単に子供手当とか母子加算とかばらまくことは悪でしかありません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130122-00001732-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:生活保護 外人
posted by ! at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック