2013年01月11日

ダメといわれちゃった以上はしょうがないですが>薬のネット販売

Yahoo:「薬ネット販売、国の敗訴確定=規制省令「違法で無効」―全面解禁に・最高裁

>厚生労働省が省令で市販薬のインターネット販売を規制したのは違法だとして、販売会社が国にネット販売をする権利の確認などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は11日、「省令は薬事法の趣旨に適合せず、違法で無効」と判断し、販売の権利を認めた二審判決を支持し、国側の上告を棄却した。国の敗訴が確定し、ネット販売は事実上、全面解禁される。
 原告は「ケンコーコム」(東京都)と「ウェルネット」(横浜市)。両社は、副作用の強さで市販薬を3分類した2009年6月の改正薬事法施行に際し、厚労省が低リスクの第3類を除く医薬品のインターネット販売を一律禁止する省令を定めたのは、憲法で保障された営業の自由を侵害しているなどとして提訴していた。
 訴訟で国側は、副作用リスクのある医薬品は薬剤師などの専門家による対面の情報提供が不可欠で、規制には合理性があると反論していた。
 

最高裁が決めちゃった以上しょうがないですけどね
薬が健康に関わるものだけにもっと慎重に考えて欲しかったなと思います
薬剤師という資格があるのに、ネットで適当に売り散らかすのはどうかと思ってますよ
買いに行けないという人がいるのであれば、従来から申し上げているとおり富山の薬売りみたいなシステムを拡大していけばよいのになと考えます



それから、ふと考えたのですが
安ければ何でも良いという考え方が、正直今の不景気をもたらしている要因の一つではないかと
規制緩和が正義のように思っておられる方も多いようですが、
規制がない状態なら、大型店舗とか大手資本など体力のある方が勝つに決まっていて、地元の商店街がシャッター街になってしまうわけです
それで良いのかな?と考えざるをえません。地方が閉塞してしまって、過疎化するよりかはもう少し元気になるようにするには、大なり小なり規制を強化し、地元で地元資本の産業が起きるようにしていかないと地方の活性化は図れないでしょ?たとえば薬だって大手が通販で手軽に帰るようになってしまったら、地元業者が伸びないもの、全然ダメですね
他書店だってアマゾンとかで手軽に変えるおかげで地元の書店が潰れまくっています

安い方が絶対的な正義だというなら、景気の回復は望めないような気がしてなりません
厚労省は、対策をしっかりと練っていただきたい


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130111-00000085-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック