2013年01月11日

ガンガンやって欲しい>安倍総理、従来とは違うレベルの緊急経済対策

Yahoo:「首相「従来と次元違うレベル」に…緊急経済対策

>安倍首相は11日午前、同日閣議決定した事業規模で20兆円超の緊急経済対策について、記者会見を開いた。

 安倍首相は「従来とは次元の違うレベル」と述べ、緊急経済対策により、実質GDP(国内総生産)は2%程度押し上げられ、60万人の雇用を創出するとした。


外交などにもいろいろ求められるものもありますけど、
今現在一番求められているのは、景気の回復

安倍総理になってから、円安傾向になったり、株価が上昇するなど
これらはその期待感から起きているもの
その動きを実質的なものにするためにも、喫緊の課題としてお願いしたいものです
竹島の問題などで安倍総理にガッカリしたとかいっている方もいますけど、そんなことを殺っているられるほど日本社会は良い状態じゃないということをわかって欲しいです
大局を見て判断して欲しいですね

民主党にはそれが全く出来ていなかった。いろんな案が今自民党から出てきていますけど、そういうものを民主党が出せていたら、いろいろな数多くのミスを取り返すことが出来たかもしれないけど、全く出来ずただ見守るだけに終始してしまった。自民党もいろんな助言をしたけど、通じなかったようですし民主党には政党として日本の舵取りをするだけの力が全くなかったということ。ですから構成議員全てとはいわないまでもほとんどがダメだったということです。だいぶ今回の選挙で落ちたけど、残ってしまった粗大ゴミもいずれは落としたいものです


さておき、
景気回復のためには、産業が動き出さないとなりません
回復策が動き始めても原発の再稼働が遅れれば、電力不足という後進国みたいな恥ずかしい理由で産業の回復が遅れてしまいます
再稼働を判断する中で活断層がどうこう言いますけど、原発に対して何がいけないのか考え違いをしてないでしょうか?
地震で揺れるから危険であったり津波などによって電力が途絶えたときが危険なのであって、活断層そのものでは何も怖くないとは思いますけど?
少なくとも福島の原発でさえも揺れには耐え切ったようですが、その後の津波で電力が遮断され冷却できなくなったことが原因のはずなのに、活断層ガーといって再稼働がダメという考え方はおかしいと考えます

それなら、耐震能力を上げる、電力が途絶えないようにする
今までの日本の物作りは、ダメだった部分をそうならないように改良を施すことで進歩してきたはずです。なのにここへ来てやたらめったら消極的な判断をするのは日本の物作りの考え方の否定でしかない。日本の良さを取り消すようなバカな真似は止めてもらいたい


というわけで、今働けていない人たちが働くようになり、納税が行われれば税収も回復傾向になりますし、失業手当、生活保護費も無駄な出費が無くなっていくはずです
また、今すぐとはいわないまでも、外人への失業手当、生活保護の支給を取りやめるべきではないでしょうか?日本国内で働けないなら母国へ送還し、日本の負担を減らすべきです。母国で食えないからと出てきて働くまでは良いですが、働けないなら日本で面倒を見るのではなく、母国でやって欲しいものですね。日本に迷惑をかけないで欲しい

日本の行政はまず国民の生活を安定させ、維持することが仕事であり
余分なことをしている余裕は無いはずです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130111-00000431-yom-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック