2013年01月10日

バカな記者を相手にすることはないよね>ぶら下がり拒否

Yahoo:「首相「ぶら下がり取材」改めて拒否、FBで示す

>安倍首相は9日、会員制交流サイト「フェイスブック」で、首相官邸で立ち止まって記者団の質問を受ける「ぶら下がり取材」について、「世界でこの様な対応をしている国はない」として、応じない意向を改めて示した。

 「首脳の発言は重く、国益に対する影響を考えれば、情勢を把握し熟慮したものでなければならない」とし、「首脳としてコメントすべきで無い事もある」とも付記した。


どうせバカなことしか聞いてこないし、民主党の三代続いた総理と比較するまでもなくとても忙しい安倍総理が無駄な取材時間を割くことも無いでしょう(首相動静をチェックすれば、忙しさの違いはわかるでしょ?)

自民党のサイトを見ればわかることとか、そんなことをわざわざ時間を割いて答えることも無いですし
麻生政権時みたいに口を開けば解散はいつですかとか?無駄なことを聞いたり、失言を引き出して政権を引きずり倒そうとするような下らない連中の相手をすることはないですね

考えてみれば記者という存在も不思議ですね
これと言った学習をしなくてもマスコミに入れば記者という身分が与えられてどんな傍若無人な態度をとっても取材中だからとか、誤った報道をして被害者を作ってもろくに償わなくても良いとか、
嘘報道をして政治を混乱させても知らん顔したり
本当に良いご身分ですよね

いずれ、マスコミのあり方とか記者を国家資格にするとか検討していって欲しいものです
その振る舞いについて責任を問うことが出来るように厳しく当たっていくべきではないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000996-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック