2013年01月05日

民主党の目的は自民党政権の否定だけということ

Yahoo:「参院選の野党共闘に民主意欲…同床異夢の様相も

>民主党の海江田代表は4日、三重県伊勢市内で記者会見し、今夏の参院選に関し「野党には、自民党に圧勝させないという共通の思いがある」と述べた。

 自民、公明両党による参院の過半数獲得の阻止という目標では野党各党の考えは一致しているものの、与党との距離感や、野党間の警戒心など、「同床異夢」の様相を呈しかねない要素もある。野党共闘に積極姿勢を見せる海江田氏が主導権を握ることができるかどうか、難題は多い。

 海江田氏は「野党協力は当然、野党第1党の民主党が軸にならなければならない」とも語った。12月の衆院選では、民主党と「第3極」の政党が競合して票を奪い合い、自公両党を利する結果になった小選挙区が目立った。参院選では、小選挙区と同様に1選挙区1人しか当選しない改選定数1の「1人区」が31選挙区あり、その行方が全体の勝敗を左右するとみられる。1人区を中心に野党共闘が必須だとの思いは、各野党とも共有している。


こんな風な日本にしたいという言葉よりも、
自民党に圧勝させたくないという言葉が出てくるようでは、この先選挙に勝つのは難しいのでは?

自民党はこういう風にしたいということをちゃんとまとめて、しかもその基本となる党是も改め直した上で谷垣前総裁が党をまとめ上げて、ここまで来たわけです

でも、民主党では今のところ谷垣前総裁のような人物は出てこず、未だにそんなバカなことをいう人が代表にいるようでは民主党は多くの人が言ってきたとおり選挙互助会でしか無く、政策を実行するための集団ではないということなのでしょう

さらに他の野党とも手を組むと言っても、そんなことをするために政策をどうまとめていくのか、そんな力を持つことが出来るとも思えませんし、やっぱりだめなんじゃないですか?

他に第三極と言われている、維新とかみんなの党とか、そいつらもどこまで政策をまとめられるのか?
単に自民がダメだという票は集まるかもしれませんが、それで日本の行く先が定まるかと言えば、そんなことはないと考えますね。自民党がマスコミによる誹謗中傷で信頼を落とすことを含めて政治の失敗で参院選を落としたら、多分日本の行く先はまた迷走路線に戻ると自分は思っていますので、自民党安倍政権は多少保守の人から嫌われても安全運転でいって欲しいものだと考えます

まず日本社会を安定させること。そうすればガタガタ言っている人たちの多数は落ち着くでしょう。景気が回復し雇用が戻ってくればかなり良い反応が戻ってくるでしょう。どうしても自民党が嫌いという人だけが文句を言い続けるだけでしょうから

橋下のバカさとか(口先一つで誤魔化すテクニックはすごいですけどね)、みんなの党の渡辺が単に自民党憎しで動いているだけということがもっと多くの人に伝わると良いなぁと思ってます

”PRESIDENT Online - プレジデント”:「「借金王か、改革者か」橋下市長への公開質問状 飯島 勲 「リーダーの掟」」これは面白いかも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000443-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック