2013年01月01日

近い将来、こういう外国産憲法を破棄したいものです

Yahoo:「ベアテ・シロタ・ゴードンさん死去 憲法草案作成携わる

>第2次世界大戦後に連合国軍総司令部(GHQ)の一員として日本国憲法の草案作成に携わり、男女平等などの条文を盛り込んだベアテ・シロタ・ゴードンさんが昨年12月30日、膵臓(すいぞう)がんのためニューヨークの自宅で死去した。89歳だった。追悼式などは後日行う。

 長女のニコルさんによると、最期の言葉は日本国憲法に盛り込まれた平和条項と、女性の権利を守ってほしい、という趣旨だった。献花などを希望の場合は代わりに、憲法9条を守るため、作家の大江健三郎さんらが結成した「九条の会」に寄付してほしいという。

 1923年、オーストリア生まれ。著名ピアニストだった父のレオ・シロタさんが東京音楽学校の教授に就任したことをきっかけに29年に来日し、幼少期を日本で過ごした。


九条の会というだけでいかがわしさがプンプンします


日本人だもの、国産憲法にこだわりたいものです
外人産の憲法を守り続けることには反対です
まして、GHQ時代の日本に主権がないときに制定されたという現憲法に正当性は無いんじゃないでしょうか?

社民党はアメリカのやることなすことに反対しているんですし、アメリカ産の憲法にだって反対してくれても良いと思うんですが(笑)


いずれにしろ、日本人によって考えられた日本人のための憲法がいつか必ず作られることを期待したいです

このおばちゃんが上げている組織は反日組織だから、もちろん該当しませんよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000003-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック