2013年01月01日

天皇陛下のお言葉に見合う国民なんだろうか?自分たちは

Yahoo:「<天皇陛下>「被災者のことが案じられます」年頭の感想で

>天皇ご一家は13年の新年を迎えられた。天皇陛下は、年頭に当たって公表した感想で、東日本大震災から2度目の冬を迎えたことについて「被災者のことが、改めて深く案じられます」と心情を示した。さらに、大震災の影響などで日本が厳しい状況に置かれているとした上で「皆が被災者に心を寄せつつ、互いに支え合って様々な困難を克服していくよう期待しています」と思いを記した。

 天皇陛下は今年、80歳の傘寿を迎える。昨年は心臓のバイパス手術が成功し、公務などはほぼ手術前のペースに戻ったが、元日早朝の祭祀(さいし)は一部代拝となる。皇后さまは、首の痛みや腕のしびれが出ることもあり、元日の新年祝賀の儀では、負担を軽くするためにティアラ(王冠)を着けないなどの対応を考えており、今年は両陛下のさらなる負担軽減が課題となる。

 皇太子さまは「日本スペイン交流400周年」の名誉総裁に就任したことから同国訪問が日程に上りそうだ。

 両陛下はじめ皇族方は、元日の祝賀行事に出席するほか、2日には一般参賀で皇居・宮殿のベランダに立つ。午前9時半から午後2時10分まで皇居・正門(二重橋)から入門できる。


天皇陛下はいろんなお言葉をくださるけど、
自分たちはそれに見合う国民なんだろうかと、ふと考えてしまった

安倍政権になって戦後レジュームからの脱却とか進められると思いますけど、他人のことがしっかりと考えられるように、行きすぎた個人主義、権利意識とかそういうものが改められていかないと、陛下のお言葉に見合う人間になれないような気がするのです

助け合おうとか言っておきながら、がれきの受け入れを反対する連中がいるとか変でしょ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000008-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:天皇陛下 国民
posted by ! at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック