2012年11月30日

いずれ党を間引くことも考えるべきでは?

Yahoo:「<党首討論会>賛同に「8888」 動画140万人超が視聴

>衆院選(12月4日公示、同16日投開票)を前に、野田佳彦首相、自民党の安倍晋三総裁ら10政党の党首が参加した討論会が29日、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」の主催で行われた。16日の衆院解散後、首相と安倍氏が直接討論するのは初めて。首相は自民、公明両党との合意で進める消費増税について「負担だけでなく(社会保障の)給付もある。その面も考えてもらいたい」と理解を求めたが、安倍氏は「デフレが進行していく中では消費税は上げない」と増税凍結の可能性に言及。3党合意をめぐる温度差が出た。

 討論会は東京・六本木のライブハウスで開かれ、日本未来の党の嘉田由紀子代表、公明党の山口那津男代表、共産党の志位和夫委員長、みんなの党の渡辺喜美代表、社民党の福島瑞穂党首らも参加。日本維新の会と新党改革は欠席した。

 首相は「改革を前に進めるのか、後退するかが問われる、方向性を決める選挙だ」と訴え「着実に脱原発に向かっていきたい」など自民党との違いを強調した。安倍氏は原発政策について「安全神話の中にあったことは深刻に反省している。10年間でエネルギーのベストミックスを考えていきたい」と述べるにとどめた。

 インターネットの動画サイトが主催する党首討論会は初めてで、会場のライブハウスには360度の大型モニターが設置され、視聴者が書き込んだ感想やメッセージがリアルタイムで表示された。各党首の発言に対し、賛同の拍手を意味する「8888」(パチパチパチパチ)というネット独特の表現や、「もう何言ってもムダだ」などと批判するコメントが次々と流れた。同サイトによると、140万3551人が視聴したという。

 もともとは民主党が首相と安倍氏の1対1の公開討論を呼びかけたのがきっかけ。これに対し安倍氏が逆提案したのが動画サイトでの討論だった。安倍氏は「インターネットなら(他党に配慮する)制約は少なくなる」と説明したが、民主党が「ネット右翼と言われる人たちが書き込みをして問題になっており、(安倍氏にとって)自分の都合のいい土俵で待っているみたいな話はよくない」(安住淳幹事長代行)などと難色を示す論争に発展していた。

 結局、民主党側が受け入れて討論会が実現したが、10党首が参加する形になり、「2大政党対決」をアピールして第三極勢力に対抗しようとした民主党側の思惑は外れた。10党首がそれぞれの主張を一方的に展開する場面が目立ち、党首間の討論は深まらなかった。


党の数が多すぎた
それぞれがそれぞれしゃべりたいから、間延びすることになってしまう
討論?を聞く限り、聞くに値するのはごくわずか。特にムネヲなんて地域政党のエゴ丸出しで北海道のことしか語らない。国政をになう政党とは言えないだろう。だから地域政党なんてあり得ないと思いますね。結局自分の出身地のことしか考えなくなるから、国政の足を引っ張ることになりますから。ムネヲはまだ公民権停止中でしたっけ?永久停止でいいと思います。あほらし

さて、党を間引くということに関しては、本当にお願いしたいですね
野合は論外としても、多少の違いくらいなら私怨を乗り越えて一緒にやってくれませんかね。ただみんなお山の大将になりたいから党を割って出て、この様って事なんでしょう。小政党の議員ははっきりいって利権のためだけの政治屋だと言って良いと思います
特に今回の選挙直前に出てきた党はそれで間違いない!

そういう議員は是非落として欲しいものですね
ただもちろん見識がちゃんとしている人なら別ですけど、そういう人はいきなり党を出て小党に入りなんて愚かなことは滅多にしないものですから、心配はないと考えます

ぶっちゃけ、自民党と確かな野党の共産党くらいで十分じゃないですか?
元々自民党の中に右派と左派があって、バランスがとれていたんですから

その左派が売国に特化して民主党になったりみんなの党になったりしたわけで、自民党がこのまま保守右派に特化できるなら、保守左派の党が出来ればバランスがとれるかもしれないですけどね

それ以外はゴミカス以下。泡沫政党には消えていただきたい
その上で、党首討論をやり直してくれないかな、議論がしやすくなるから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000000-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:政治
posted by ! at 19:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック