2012年11月30日

今の自民のどこを見て悪いというのか?

Yahoo:「党首討論 野田首相「原発ゼロ着実に」 自民・安倍総裁「国民の信頼取り戻す」

>衆院選(12月4日公示、16日投開票)を前に11党首による討論会が30日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで開かれた。野田佳彦首相は「前へ進むか、後ろに戻るかが問われる選挙だ。2030年代の原発ゼロへ着実に向かう」と述べた。

 自民党の安倍晋三総裁は「政権公約にはできることしか書いていない。国民の信頼を政治に取り戻す」と語った。


この記事のコメントで未だにジミンガーと言っておられる方がいますけど、どの辺を見て自民党が悪いのか書き込んでおいて欲しいものだ

あの大敗以来、谷垣総裁の下でいろいろな改革がなされ、正直いって自民の悪い部分はだいぶ消えたと思いますね。そして、その膿の部分がみんなの党であったり、小沢新党だったりするわけです。小沢をはじめとして民主党の多くが自民党からでていった連中だということをわかってない人がいるのでしょうか?渡邊喜美だって自民党にいてトップになれない落ちこぼれだということを忘れてはいけないと思いますよ

自民党は綱領を修正するなど、党改革を進めてきたし、上述の通り膿もかなり消えた。まだでていって欲しい人もいるけど、それは高望みしすぎかもしれない

そして、あの震災後、何も動けない民主党に代わっていろいろな救済策を施したことも忘れちゃいけないし、もっとさかのぼって宮崎の口蹄疫騒動の時に民主党の農水大臣がその緊急時に外遊に行くというアホな行為をした際も、対策に奔走していたことを忘れちゃいかんでしょう?社民党の福島瑞穂も当時内閣にいたけど、これといって何かいったとも行動したとも聞かない。それで国民の命が大事ってなんの冗談かと思いますね!


新しいから良いとか、改革を訴えるから良いとか
そういうチンケな発想で選ぶのはどうかと思うのです。いわゆる第三極の中身を見て、本当に新しいのか?元民主党員とか、そんな連中ばかりだし、そもそも本当に新人では国政を担えるかどうかもわからないでしょ?そんな連中に国を託して良いのか?よく考えてみて欲しいものですね

そういった意味では、世襲は悪くない。いわば徒弟制度とも言えるし、政治のエリート教育を受けているようなもの。それでも実力がなければ有権者が落とせばいいのであって、親兄弟に政治家がいるから、やっちゃいけないという差別行為はいけないね(笑)


いずれにしろ、谷垣さんは総裁になってから
JNSCという組織を作ったり、カフェスタというネット番組を作って自民党の政策に関する解説とか、ものすごく政治に近づけるような努力をされてきたと思います
旧来の自民党支持組織に比べればまだまだ小さいかもしれないですけど
手弁当で自民党に協力しようという人たちが、形になったということ
自民党の若い方の世代の議員達もその力に気がついたということ。これはかなり大きい功績ではないかと思いますよ

自ら党の事務所へ行ってパンフレット配りたいから分けてと言った人たち
変ですかね?労働組合みたいに動員ではなく、自ら動こうという人たちがいること、自民党は忘れないで欲しいです。ただ迎合しすぎてもいけないですよね。どんな形にしろ偏りがでてしまうのはよくない


それにしても今さらいってもしょうがないし、安倍さんを支持する気に変わりはないですが、谷垣さんを総裁に再選できなかったのは痛かったなと思います
自民党を立て直した立役者を潰すなんて石原伸晃は本当に許されないと思うし、息子が総裁になれなかったからと異常行為に出てしまった石原慎太郎氏にもガッカリするものです


記事に関しては、
原発ゼロは、おそらくほとんどの人が考えておられるとは思います
しかし、現実的に即ゼロは無理ですし、数十年で片がつくこととは考えられません
新規エネルギーを開発するだけの力が今の日本にあるのかどうかではないでしょうか?
まず、景気回復。社会に余裕を持たせる。そして少子化を打開し人口を増やすことも大事じゃないかなと思いますね。それこそ未来に続くと考えます

だから、野田のいう前進するか後退するかというが笑わせるなと思いますね
民主政権で前へ進んだのか?嘘をつくなと。後退に後退を重ねたのが民主党でしょ?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000542-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自民党 谷垣禎一
posted by ! at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック