2012年11月21日

自民党の公約は(・∀・)イイ!

Yahoo:「<自民党>公約最終案「日銀法改正も視野」衆院選争点に浮上

>自民党は20日、衆院選の政権公約の最終案をまとめた。経済政策については、デフレ・円高からの脱却に向けて2%の物価上昇率の目標を設定し、「日銀法改正も視野に政府、日銀の連携強化の仕組みを作り、大胆な金融緩和を行う」と明記した。これを踏まえて金融政策で踏み込んだ発言を繰り返す安倍晋三総裁に、民主党などが批判を強める構図になっており、金融政策が衆院選の争点として急浮上している。

 政権公約は21日の党総務会で決定し、安倍総裁が正式発表する。

 20日明らかになった最終案は、経済分野で「名目国内総生産(GDP)成長率3%以上」の目標を明記。「成長による富の創出」を目指し、15年までを念頭に国民総所得を約50兆円増やすとした。

 内閣に経済財政政策の司令塔となる「日本経済再生本部」を新設し、「産業競争力会議」と「国際経済戦略会議」を置く。「日本経済再生・産業競争力強化法」も制定。設備投資や革新的な研究開発への集中投資を促す。

 教育分野に関しては、党教育再生実行本部の下村博文本部長が20日の記者会見で、公約に盛り込む政策を発表。「いじめ防止対策基本法」の早期制定のほか、首長に教育長の任免権を与え、教育委員会の責任者と位置づける方針を示した。



教育については安倍さんは専門ですから、全然問題なし
日銀に問題についても、民主党などは建前を盾にあれこれ文句をたれていますけど、その建前を守ることで景気を上げられなかった以上、文句を言える立場にはないと思います。非常時なんですからある程度思い切った手段をとる判断は大事でしょう。まず景気を回復してくれなければ、わたし達の生活は良くなりませんから
ずるずるこの状態を先延ばしされて、苦しい状態が続くのはたまりませんよ

何を優先すべきかをしっかり見極めるべきでしょうよ

そして国防
国を守ることが一番大事。領土が守りきれなければ外国に蹂躙されて何もかもを失うだけ
だから沖縄の基地反対運動は論外。でも、いずれは国防軍で独力で国を守れるくらいになっていければ良いんじゃないかなと思います。だから増員すべき。海上保安庁も一緒に!
自衛隊の人たちがもっと感謝される立場になるようにもしていきたい

こういうことを言えて実行できる党は他にないんじゃない?
橋下は政策より実行力とかたわけたことを言っていましたけど、
実行するものを決めないで、実行力だけを言うってバカすぎてお話になりません
今の日本をどうするのか、先の日本をどうするのか
そういう指針を経て、そのために何をするか・・・第三極には無いでしょ

それだけにマスコミの嫌がらせが増えてきてますよね


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自民党 公約
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック