2012年11月18日

このような言い方は問題かもだが>甲状腺ガンの疑いが一人

Yahoo:「甲状腺がんの疑い 福島県直ちに2次検査、初めて1人判定

>東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子どもが1人いることが17日、関係者への取材で分かった。
 18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。
 調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。
 1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。
 9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。
 県立医大は「県内全ての子どもの検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。


ガンの疑いが一人出たことのどこがうれしいんだろう?ツイートとしたりコメントを付けている連中が気色悪い

もともと原発の事故が無くても、普通にこのガンになる確率はそこそこあるわけで、原発由来かどうかすらわからないのに、ホラ出たと喜んでいる人たちって何なんだろうって思います

まずガンの疑いがあることを気の毒に思うところなのに、ホラ見ろ原発は危ない、なんで原発由来だと言わないんだとか怒っているなんて不思議でしょうがない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121118-00000007-khks-l07


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック