2012年11月13日

ひとまず、また危機は去った>人権擁護法案審議入り断念

Yahoo:「人権救済法案審議入り断念

>政府・民主党は12日、人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局として新設する「人権委員会設置法案」(人権救済法案)の今国会での審議を断念する方針を固めた。

日本国民としては、民主党が政権を盗ってから
外国人参政権とこの人権擁護法案をいつ成立させるのかと非常にひやひやしてきましたけど、
参議院で自民党が勝つなどして状況が変わったおかげで、こうやって出てくることはあっても防げているのは本当に助かっていると思います

そんな不安を吹き飛ばすためにも次回衆院選では自民党を中心とする保守政党が大勝ちしなければいけないのににもかかわらず、石原慎太郎氏はそれに逆行する発言をしてしまいました
本当に残念なことだと思います。どう考えても老害による日本潰しではないでしょうか?

だいたい橋下と組んで第三極と言っている以上日本に対する裏切りだと言って差し支えないでしょうね!


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権擁護法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック