2012年11月04日

橋下を仲間に加えようとする石原氏に幻滅

Yahoo:「「第三極」石原・橋下・平沼氏 京都不穏、遠い薩長連合

>■「真正保守と組めない」 たち日批判、橋下氏展開

 石原慎太郎前東京都知事と橋下徹大阪市長が、3日の会談の場に京都ホテルオークラ(京都市中京区河原町御池)を選んだのには、ちょっとしたこだわりがあった。京都は幕末に志士が活躍した舞台であり、同ホテルのある場所は、明治維新を担った長州藩が屋敷を構えていた。ホテルの北西角には「維新の三傑」で有名な桂小五郎(木戸孝允)の銅像がある。

 ◆「話す必要ない」

 石原新党の党名を当初、「日本維新の会」と考えていた石原氏と、「日本維新の会」を実際に党名にして代表に就いた橋下氏。平成時代の維新につなげる「第三極連合」結成ののろしを上げるのにふさわしい場所だったというのだ。

 しかし、前途は多難だ。幕末では長州が薩摩への宿怨を捨てての「薩長連合」となったが、「第三極連合」の場合は状況が異なる。

 石原氏「大変良好!」

 たちあがれ日本・平沼赳夫代表「(進展があったかを)話す必要はないよ…」

 古くからの同志が語った会談後の感想は対照的だった。帰りのJR京都駅でも、苦虫をかみつぶしたような表情の平沼氏に、石原氏が「生みの苦しみだなあ」と漏らした。

 ◆「カラーが違う」

 会談では、石原氏が「中央集権の支配から変えるのはこの機会しかない」と「官僚支配打倒」による大同団結を呼びかけた。

 橋下氏は、この場でもたちあがれ批判を展開した。

 「『真正保守』とか言っているメンバーとは組めない!」

 「大変失礼だが、石原御大もたちあがれとはカラーが違うじゃないですか?」

 「真正保守」について、平沼氏が「日本の伝統・文化を守りたいという意味で言っているのだ」と説明しても、橋下氏は「政策の決定基準にするのは違う。もっと合理的に決めなきゃ」と攻撃を緩めなかった。

 同席者の一人は「平沼氏が怒ると思ったが、黙って聞いていた」という。

 たちあがれ内には、橋下氏について「政策が違う」「本当の保守なのか」との異論があったのは事実だ。しかし、たちあがれは「石原新党」への合流を機関決定した。石原氏が突き進む橋下氏らとの連携を拒否する選択肢はもはやない。

 ◆「全否定になる」

 それでも、石原氏とたちあがれを「分断」しようとするような橋下氏への警戒は強まっている。たちあがれの片山虎之助参院幹事長は3日、TBSテレビで、「たちあがれは石原氏の勧めでできた。石原氏と別れるのはたちあがれの全否定になる」と語った。

 かつて「石原新党」構想を主導していた亀井静香前国民新党代表は3日、テレビ東京の番組で、「日本の緊急の問題についての合意もなく一緒にやろう、と言っても新党はできない」と石原、橋下両氏の連携の動きを批判した。

 亀井氏はさらに続けた。

 「新党なんて『too late』(遅すぎる)だ。石原は『上から目線』で国民も同志もバカにしている。大阪の市長あたりに釣り上げられて…。今のままでいったら、ヒトラーを生んだ(首相に起用した)、ヒンデンブルク(ドイツ)大統領の役割になる」


どう考えても
石原氏平沼氏は保守の系統です
しかし、橋下は反日です。それだけは間違いない
橋下を保守だと勘違いして持ち上げている人たちがいるけど、そういう人たちには幻滅するし、そもそも橋下を一派に加えようとする石原氏にはガッカリします

平沼氏にしても石原氏にしても何か時間に追われているようで、大きな過ちを犯そうとしています。もう少しじっくり考えて欲しい。お年寄りには酷な話かもしれませんが、急いては事をし損じるといいます。橋下は保守じゃないということに考え直して欲しい

今のところ亀井さんに賛同かな?
保守なら自民党を中心にまとまるべきではないでしょうか?
保守が分散しても何の力にもなりません
保守として一つの大きな力にならなければ何の意味もないのです
平沼さんは郵政、石原さんは息子が総裁になれなかったことなど、いろんな遺恨があるかもしれませんが、今は小異を捨てて日本を守る大同で自民党で一つになるべきであろうと考えます

民主党他下らぬ反日政党、地域のためとかいって国をおざなりにしようとする地域政党など日本をダメにする勢力が強くなっているだけに、日本のためにと働く勢力がまとまらなければ何の意味もないのです

橋下君は保守本流ではなく、反日野郎キャンペーンを勝手に実行中


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121104-00000070-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック