2012年11月04日

町に抗議をしている連中は原則阿呆だろ?>大間原発問題

Yahoo:「大間原発 電源開発工事の再開めぐり町に抗議殺到

>電源開発(Jパワー)による大間原発の建設工事再開をめぐり、地元の青森県大間町に抗議の電話や電子メールが殺到している。脱原発の立場から理性的に町の姿勢を批判する内容もあるが、多くは事実誤認に基づいていたり、国の原子力行政への怒りをぶつけたりしている。応対した職員が一方的に罵倒されるケースも後を絶たず、町は対応に苦慮している。

 同町企画経営課には、Jパワーが工事再開を発表した10月1日以降、主に首都圏や北海道函館市などから「少なくとも毎日10件以上」(担当者)の抗議の電話やメール、郵便が寄せられている。
 町がなぜ原発を容認するかを冷静に質問する人もいる半面、「町が大間原発の工事を再開するなんてどうかしている」といった事実誤認も少なくない。
 電話に出た職員に罵声を浴びせ、「原発交付金に依存しきった『麻薬中毒』め」などと言い放つ人や、特産の一本釣りマグロをめぐって「放射能マグロはいらない」と悪い風評をあおる内容も目立つ。長い人では電話で2時間もしゃべり続けるという。
 担当者は「町は原発容認の立場だが、町が工事再開を決めたわけではない。丁寧に声を聞くように心掛けているが、精神的に大変」と訴える。
 同町と隣接するむつ市でも、大間原発に関する批判が寄せられているという。同市には使用済み核燃料中間貯蔵施設が建設中だが、原発は立地していない。広報広聴課の担当者は「手軽に話せる自治体以外、意見をぶつけるところがないのかも」と肩を落とす。
 Jパワーは政府の新エネルギー戦略決定を受け、事前に地元自治体の了承を求めることなく、工事再開を宣言した。同社の大間原子力建設所によると、再開直後に数件の批判の電話があったが、「最近はあまりない」(大間現地本部総務・広報グループ)という。


つくづくバカが多いんだなと思います
もっと諸事情を調べてから電話すればいいのにね

怒りをただぶつけるというのは、どう考えても低脳のやることでしかないです
いたずらに文句を言うだけでは何の解決にもならない、ということがわかっていないようです。もっともだから反原発活動とやらが実を結ばないわけですが(笑)

それにしても放射脳マグロとか一体何を言っているのやら
もっと勉強をしましょうと役場の人は言っても良いかもね

どう見ても弱いものいじめの構図です
町は威力妨害でしたっけ?そんな感じで訴えればいいと思いますが、できないでしょう
そしてそういうことをわかっているからはけ口代わりに電話をする
いじめでしょ?

惨めな連中です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121104-00000006-khks-l02


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック