2012年10月26日

母国を大事に考えると右傾化というのはおかしいね

Yahoo:「「日本政界の右傾化加速」=警戒感あらわに―韓国メディア

>石原慎太郎東京都知事が新党結成の意向を表明したことについて、韓国の通信社・聯合ニュースは25日、「日本政界の右傾化が加速するとみられる」と警戒感をあらわにした。
 聯合ニュースは、石原知事が8月の記者会見で、従軍慰安婦問題に関し、「日本人が強制した証拠がどこにある。貧しい時代、売春は非常に利益が出る商売だった」と述べたことに言及。「彼は、領土問題に強硬で、核武装を叫び、平和憲法を改正しなくてはならないとの立場の極右政治家だ」と伝えた。


石原都知事が、都政を投げ出して国政に打って出るというのは非常に残念なことだと考えるところであります


さて、
朝鮮や支那にすれば、日本人が日本のことを大事に考えるようになれば
大事な金づるを失うことになるわけで、それは一大事だからこういう報道になるのかもしれない

しかし、それをまたしっかり報道する時事通信などは、どこの国の報道機関なのかと首をかしげたくなる、というかおかしいだろ?って突っ込まれても文句は言えないですよ


自分の国のことをいの一番に大事に考えることが悪いことだ、という戦後教育の過ちは早く正されるべきでしょう

どんなに地球市民とか言っても、文化風習、言葉などの違いを乗り越えることは難しいでしょう
その違いを踏まえて、国という壁を作り、互いに尊重できればいいのですが

支那朝鮮は日本の文化風習を壊し、支配下に置きたいと考えているとから困るのです
こんな連中と仲良くできるものか


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000143-jij-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック