2012年10月24日

早く泊原発を稼働させて、北海道人を守ろう!

Yahoo:「今冬の電力需給報告書案を議論 政府検証委

>政府は24日、有識者による電力需給の検証委員会を開き、電力各社が示した需給見通しを検証するなどした報告書案を議論した。政府は報告書を基に、11月初旬までに閣僚によるエネルギー・環境会議で冬の需給対策を決める。

 報告書案によると、来年1、2月の電力各社の需給見通しについて、供給予備率(最大需要に対する供給余力)の予測が「瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる3%以上を確保できる見通しとなっただ」と指摘。ただ、北海道電力は、1基の火力発電所の計画外停電が需給全体に与える影響が大きいなどとして、「電力不足が国民生活などに甚大な影響を及ぼす可能性がある」との懸念を示した。

 政府は今後、北海道で5〜10%程度の節電目標を設定することを検討する。関西電力など他の電力管内では、一定の供給予備率が見込めるため、今冬は節電目標を設けない見込みだ。

 また、報告書案では来夏の需給見通しについて、「今夏の需給両面での取り組みを前提とすれば、来夏の需給逼迫(ひっぱく)は抑えられる可能性がある」と言及。そのうえで、逼迫要因として定期検査実施による発電所の稼働停止や、節電意識の低下による需要増などを挙げた。


あたしら本州人では、北海道の冬の寒さなんぞ想像できません
寒くなければそれに越したことはないですが、自然というのはそう簡単に予想できるものではないですし、最悪に備えるのが行政というものでしょ?

節電すれば3%ばかり余裕があります、なんて誇られても困っちゃう人の方が多いのでは?
終わってみて、ほら足りたなんて言い出すバカもいるかもしれませんが、

それでも常に最悪に備えて最大出力に対して十二分に余裕を持つようにしておくべきでしょう
もし万が一火力発電所が故障したりしたら、その時点でアウトですよ?
どのくらい死ねば許してくれるのかしら?

安全性を確認して、さっさと泊原発を動かすなどしっかりとした対策をとって欲しいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000511-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック