2012年10月24日

その道筋を具体的に示すことが出来るのか?

Yahoo:「公約に原発30年代ゼロ=輸出は条件付きで容認―日本維新

>日本維新の会が次期衆院選向けの公約に盛り込む原発政策の概要が24日、明らかになった。2030年代の原発全廃を目指す一方で、原発の輸出は条件付きで認める方針だ。
 同会の基本政策集「維新八策」では、原発政策について具体的な内容には触れず、「先進国をリードする脱原発依存体制の構築」とのみ記されていた。同会幹事長の松井一郎大阪府知事は同日、府庁内で記者団の質問に答え、「今の科学技術で(原発を)完全に安全に動かすのは不可能」と指摘し、30年代に脱原発を目指す理由を述べた。ただ、停止中の原発に関しては再稼働を容認する姿勢だ。
 一方、高速増殖炉や使用済み核燃料の再処理は「凍結」とするが、「日本の技術力を高めるには必要」(松井幹事長)として研究は継続。また原発の輸出は、安全性確保を前提に積極的に進める考えだ。
 

原発ゼロというのが本当に実現できるのか?
具体的な道筋を示さずに、それを政策案とするのは民主党と同じで、ただいってみただけでしかありませんよ。その民主党も政権を盗れば出来ると思っていたと阿呆なことを言っているわけで、議席が盗れるかどうかも怪しい維新の会が、得票数を伸ばすためにいってみただけにしか見えません。アジテーター橋下に出来るのか?もしくはそのブレーンにそれを実現できるだけの構想力を持った人がいるのか?
いずれも否でしょうけどね

もっともこういうのに騙される阿呆がいるから、こういうバカなことをぶち上げることができるという現状がいちばん困りものなのです


また、国内で使わずと言っている原発の輸出を認めるということは
危険だから国内は使わないけど、国外へ出す分には問題ないという風に見られてもしょうがないのでは?

外国では、逆に日本製を信頼して日本製を欲しがっているわけですから、むしろ日本国内でも新規原発に切り替えていって、古くて危険度が高い原発は廃炉に向けて行くべきでありましょう

より安全性の高い核融合炉の実現も近いと言うことも聞きますし、日本の技術者に期待したいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121024-00000055-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック