2012年10月20日

国を守りたいという人が増えるのは良いこと!

Yahoo:「海保応募が過去最多に=映画や尖閣警備で注目? ―今年度1万6780人

>海上保安官になるために入学する海上保安大学校(広島県呉市)と海上保安学校(京都府舞鶴市)の受験を申し込んだ人数の合計が過去最多の約1万6780人になったことが20日、分かった。担当者は明確な理由は分からないとするが、海上保安庁内からは「映画や沖縄県・尖閣諸島の警備の影響で認知度が上がったのでは」との声が上がる。
 海保や人事院によると、海上保安官になるには原則、両校で1〜5年かけて航海技術や法律などを学ぶ。全寮制で給料ももらえ、卒業後は巡視船艇の乗組員などに配属される。
 両校合わせた今年度の応募人数は過去最多の1万6783人。昨年度の約1.5倍で、10年前の6461人と比べると約2.6倍に上る。海保大は採用予定人数約45人に対し、応募人数が717人。海保学校が春と秋を合わせて約380人に対して1万6066人が応募した。
 ある海保幹部は「近年の公務員人気がある上、海保の認知度が上がってきたからではないか」と分析。海保を舞台とした映画「BRAVE HEARTS 海猿」のほか、尖閣沖の警備や東日本大震災の救助活動などの報道を要因に挙げた。
 ただ、地方公務員試験と別日程になったのも一因とみられ、刑務官や入国警備官などの志願者も増加。海保担当者は「明確な理由は分からないが、海保を目指す人が増えるのは喜ばしい」と話した。 


市民団体などからすれば、これも右傾化の一環ということになるかもしれませんね
普通に考えることが出来れば、とっても良いことだと思います

ただし、コメ欄にあったことですが
その身元調査はしっかりと行っていただきたいものです
海上保安庁の職員に限らず、治安維持に関わる職、政治家などに関しては、身元出自をはっきりと確認しておくべきでしょうし、何らかの疑いがあるなら職に就くことを認めてはいけないです
日本の政治、治安に関しては特に外人の関与を許してはいけないのです

外人が好き勝手に日本国民を処断できる立場についたらおかしいでしょ?
差別でも何でもなく、当然の考え方です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000014-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:海上保安庁 増員
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック