2012年10月08日

支那は軍事力を誇示してきてますが?

Yahoo:「中国軍艦が宮古海峡「ルール」無視し通過 国有化に抗議措置か

>沖縄県・宮古島沖の宮古海峡を4日に通過した中国海軍艦艇について、中国政府が日本側に事前通告していなかったことが7日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。国際法上の問題はないが、日中防衛当局は海峡通過時の事前通告をルール化することで事実上合意しており、日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に反発し対日強硬姿勢を続ける中国政府が、軍事レベルでも“抗議の意思”を示したとみられる。

 事前通告なしで沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡を通過したのは、中国海軍のミサイル駆逐艦、フリゲート艦、潜水艦救難艦など計7隻。潜水艦救難艦が含まれているため、潜水艦が潜没したまま航行していた可能性がある。

 中国海軍艦艇の行動をめぐって日中防衛当局は今年夏までに、「危機管理メカニズム」協議を通じ、日本近海の海峡通過時の事前通告を盛り込むことで大筋合意していた。4月と6月に中国海軍艦艇が鹿児島県・大隅海峡を通過した際には、中国側が駐中国日本大使館に対し、ファクスで事前に通告していた。

 「危機管理メカニズム」協議では、自衛隊と中国軍の艦艇や航空機が接近した際、無線通信の周波数を共通化し、使用言語を英語に統一することでも合意。自衛隊と中国軍の高官が緊急時に連絡を取り合う軍事ホットラインを設けることでも一致し、年内に防衛相が訪中して署名することを目指して調整を進めていた。しかし、尖閣国有化への中国側の反発や、中国公船による日本領海への侵入で関係は悪化。正式合意に向けた見通しは立たなくなっている。

 大隅海峡は領海として認められる12カイリ以内だが「国際海峡」として各国船舶の通過通航権が認められている。一方、宮古海峡は通常の公海。政府は今回の通過を「尖閣をめぐる中国独自の主張との関係は特にない」(玄葉光一郎外相)としているが、両国間で事実上ルール化していた事前通告を中国側が無視した形で、国有化への抗議措置の可能性もある。


支那はこうやって力を誇示してきてます
でも、日本には自衛隊はいても法的に動くことはなかなか出来ません。それにそれを変えようとしても日本国内に巣くう反日家によって反対活動が強くなるでしょう

それに、普天間基地の問題などで日米間はちょっと怪しい。それだけに沖縄県知事、各市長などの動き、どう見ても利敵行為です。こういう日本人でありながら日本の将来をちゃんと考えられない連中が増えてしまっていることが、今の日本の不幸でしょう

その辺は支那や朝鮮の情報戦によって負けてきてます。打開にするにはどうしたらいいか?
日本人が日本人であることに目覚めないとまずいんですよね、しかも早急に


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000063-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 軍艦
posted by ! at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック