2012年09月26日

安倍総裁、おめでとうございます

Yahoo:「<自民総裁選>安倍晋三元首相が新総裁に

>自民党総裁選は26日、投開票され、国会議員によって行われた決選投票で安倍晋三元首相(58)が108票を獲得して89票だった石破茂前政調会長(55)を破り、自民党総裁への就任が決まった。

 午後1時から始まった1回目の投票は党員・党友投票に基づく地方票(300票)と国会議員票(197票)の合計で争われ、石破氏が地方票165票、議員票34票の計199票を獲得して1位。安倍氏が地方票87票、議員票54票の計141票で2位となった。3位は石原伸晃幹事長(55)で96票、4位は町村信孝元官房長官(67)34票、5位は林芳正政調会長代理(51)で27票だった。

 石破氏は1回目の投票で当選に必要な過半数に届かず、石破、安倍両氏による決選投票が国会議員だけで行われることになった。自民党総裁選が決選投票にもつれ込んだのは40年ぶり。

 谷垣禎一総裁の任期満了に伴う今回の総裁選は14日に告示された。新総裁の任期は15年9月までの3年間。


谷垣総裁、本当にお疲れ様でした
本来ならば、継続して総裁であって欲しかったのですが、いかんせん石原氏に後ろから撃たれて断念せざるを得なかったのは本当に残念でした。今回の総裁選の結果を派閥の論理そのものだと批判する人がいるようですけど、もしその通りであれば石原伸晃氏が総裁の座についていたでしょうけど、結果はご覧の通り。古賀氏という長老に推された石原氏が伸び悩んだということは、谷垣氏の元で派閥がけっこう崩れているということを意味しているのではないでしょうかね?

何が何でも自民党が悪くなければいけない、という人にはそう言わざるを得ないのでしょう。阿呆ですね

あとそれから、安倍氏というと途中で投げ出した病弱な人とかそういう印象があるようです。それはマスコミがそういうアンチキャンペーンを行ったからであり、実態は潰瘍性大腸炎、厚労省から特定疾患をされるほどの難病であり、そんな状態で総理職を続けられるほど、総理職って安易な立場なんでしょうか?民主党の三代総理を見ていれば勝手気ままなものに見えるかもしれませんけど、日本をしょって立つのはそんな楽じゃないでしょ?だから辞したのに文句を言う人ってブラック企業を肯定する人かしらね?

最近薬が開発されたとかで、復活できたということなんでしょう。日本にとってはいろんな意味で朗報だと思いますよ

その昔石橋湛山という人がいて、その人も病気で総理職を辞したわけですが、その方は潔しとか言われますけど、安倍さんだと文句言われるのは不思議ね。マスコミっていうのは、相手の弱みがなんであっても攻撃材料にし潰そうとするから本当に卑怯極まりない。現在のマスコミが攻撃するならそれは日本のためになることであり、逆に褒めるとかスルーするなら日本のためになら無いって事です。橋下上げするのは日本のためになら無いってことの証左です

というわけで、自民党は今日改めて日本を取り戻すために再出発するということですね
谷垣さんが副総裁というわけにはいかないかな?いろんな執行部案が語られるでしょうけど、谷垣さんを入れてくださればけっこう納得される方多いんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120926-00000048-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これからまたこの連中が動きだすでしょう。
韓国で在日?が、日本での世論工作について説明している映像です。ぜひ御覧ください。

「YouTube 韓国による日本の世論工作」
http://m.youtube.com/watch?v=08HT4dD3hoI&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D08HT4dD3hoI&gl=JP
Posted by ありがとう at 2012年09月27日 00:09
ありがとうございます。
Posted by !@管理人 at 2012年09月27日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック